PDA

2009.06.19

iPhone 3.0

 アップデートファイルが公開されたということで一日おいてダウンロードを試みているがなぜか途中で回線が切れてしまう。ダウンロードが集中しているためなのか、なにか自宅のネットワークに問題あるのかわからない。面白い機械なのだが、電池の持ち具合の問題と、結局、私の使い方ではネット関係はノートPCとemobileが快適なので、ちかごろはmobile meも切っているありさまだ。フツーの携帯がちょっと気になっているこのごろです。(その後、何度か試みて、アップデートできた。横向きのキイボードで入力はやや改善された。待ち受け時の電池の持ち具合もだいぶ改善されているようだ。以前はほとんど使わなくても一日半ほどで電池が消耗していた。いまはパケット通信を押さえているせいもあるかもしれないが、アップデート後は一日経過したところでもあまり消費されていないようだ。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.28

iPhoneのカメラ

 Palm(clie 55)からiPhoneへ徐々に移行中。iPhone向けに広辞苑とジーニアス英和和英辞典が最近販売になったのでインストールした。画面が大きく文字が見やすく専用の電子辞書としても実用的だ。辞書類はMacBookのiTune経由でダウンロードしたが、ファイルサイズが大きく15分程度かかった。

 iPhoneの日本語入力システムは意外に使いやすい(「あ」を押していると「あ」の回りに「あ行」の「いうえお」が展開される方式を選ぶことができる。この方式と類似したものがあったように記憶している。
 今日はiPhoneのカメラを使ってみた。午前中の雨があがりすこし日差しがでてきたところで、体育館横手のさざんかを撮影。下のように近景はなかなかきれいに写る。花をアップにしようと接写してみたがピンぼけになる。接写できると日常いろいろ便利なので、接写レンズのアクセサリーを探してみよう。
Iphone

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.26

Mobile Me

 「電子手帳」はすっかり衰退してしまったように見えるが、iPod touchのカレンダーとMobile Meを試してみた。iPod touchのカレンダーは月表示と日表示のみなので一覧性という点で現在使用しているPalm(Clie 55)のKsDatebookと較べると劣る。また、入力もPalmのほうが慣れているせいももあるが簡単だ。
 また、MobileMeのサーバーを使う関係でちょっとしたトラブル。Mobile Meからダウンロードした予定の日時がなぜかずれてしまう。その訳がわからずしばらく試行錯誤してしまった。Mobile meのアカウントを登録するときに「時間帯」が「クパチーノ」のままになっていることにやっと気がついた。
 Mobile Meを使ってスケジュールを一元管理できるという点では「電子手帳」に新しい魅力が出てきたようにも感ずる。Googelのカレンダーも同様の機能があるで、iPodで使い勝手がよければ Googleを検討するべきかも。Mobile Meは6週間のお試し期間ののち一年間9800円ということで用途がカレンダーの管理のみだとちょっと割高かもしれない。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.05

iPhone

 iPhoneはホワイトお父さんのところから、というニュース。いろいろな観測記事では一定期間優先的な販売権を獲得した、という見方もあるように、複数の電話会社が販売する可能性もありそうだ。シムロックなしで販売ということになれば画期的だが、パケット通信費の設定で、たぶんそうならないだろう。ソフトバンクだと私の研究室はなんと「圏外」。
 いまのところ便利だと感じているのは(エリアは狭いが)イーモバイルの端末をBluetoothでPCとつないでモデムとしてつかうというものだ。iPhoneは使いかってはよさそうだが、電池の持ちはどうだろうか。現在の通信環境だとBluetooth付きのiPod touchがあればとても便利に使えるとおもうのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.23

Bluetooth

イーモバイルのEMonsterを使い始めてまだまもない。メール端末としては十分実用的だったが、やっとPCとBluetoothでつないでモデムとして使ってみた。Bluetoothの接続は試行錯誤的になんとなくできてしまうのだが、とまどうことが多い。つながっているので、たぶん大丈夫だろう。通信速度はウェッブサイトでの計測で500kbps程度だが、重たいサイトでも十分使えることが分かった。PCと接続してみると、webサイト、メールともさくさくうごく。エリアの問題はあるが日常の移動圏内では実用的。通信料もまあまあ。ただ、端末の「2年しばり」はなんとかならないものかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.30

120グラム

 先日、ホワイト家族のCMに影響されて(ホワイトお父さんの「やばいやばい」が気に入った)ソフトバンクのスマートフォン(X02HT)を新規契約した。X02HTはWindows Mobileの携帯電話用のバージョンということできびきび動き、以前のWindows Mobileとは大違いで見直した。また、ケータイとして大事な点であるが、すべて片手で操作できる点も非常に使いやすくなっていた。もう大分前にPDAのさきがけだったPalmがSonyのCLIEとして「進化」しつづけ300グラムを超すほどのものになったことがあるが、ケータイ端末としてはやはりこのX02HTのように120グラムの枠を守ることが重要だとあらためて思う。
 ソフトバンクは基本料は安いのだが、Xシリーズからはヤフーケイタイにアクセスできないことと、「PCサイトビューワー」も対応していないので、インターネットへは「PCダイレクト」ということになって、「パケットし放題」の上限がやや高くなってしまう(約1万円)のが残念なところだ。
 まだまだXシリーズへの対応はいろんな面で遅れている印象だ。(たとえば、メールアドレスの変更の仕方はヤフーケイタイにアクセスする方法のちらしが入っているがXシリーズからはアクセスできない。また、マニュアルに従って操作していくと「Xシリーズには対応していません」といった画面にぶつかったりする。)
 それは、ともかく、Palmで始まった実用的な通信機能をもつ120グラムのPDA競争は日本市場ではとうとうWindows Mobile に先を越されてしまった感がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.08.15

emobile

 先月末に自宅マンションのインターネット回線に支障があって、二日間ほどネットが使えなくなった。光通信の配電盤かなにかの修理の際に「誤った修理」をした、ということだった。それで、というわけではないのだが、自宅周辺もemobileのエリアにはいってきたので、EM・ONEというPDA端末を試してみることにした。ちょっと大きめのサイズながら、きれいな液晶、比較的打ちやすいキイボード、動作速度もまあまあ。回線速度(HSDPA)もまあまあでPC用のモデムとして利用できる。
 やっと使える回線+PDAがでてきたという印象だ。(しかしエリアは首都圏では、国道16号線内、つくば、水戸市内程度)。契約は2年間のしばりがあるが、端末29800円、基本料3480円~上限(6480円)ということで高くはないのだが、もう少し手軽になるとよいのだが。
 メールはGoogleのGmailを試しているが迷惑メールをかなり的確に選別している。PDAの機能はGmaiを見たりするには十分だが、Googleでいろいろ提供されているようなネットサービスを満喫できるレベルにはやや不足。そのレベルになればPCやPDAの利用方法にも大きな変化が生ずるものと予感される。
 液晶プロジェクターへの外部出力アダプターも提供されていて、期待が大きいが、本体のパワーポイントは閲覧のみで「編集」ができない点が残念なところだ。

Emone_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.04.23

携帯電話

携帯電話の会社を変えた。これからの変化が期待できるキャリアーだったが研究室が「圏外」になってしまうのでやむを得ない。もう一つのPHS付きのPDAも解約するつもり。結局、PDAはCLIEを長年つかっているせいもあり信頼感があるので現在のTHー55に加えて予備にTH-25の中古を確保してしばらくはこれでいくことにした。新しい携帯は前に使っていたBluetooth付きのシリーズで2世代「進化」したものにしたが、液晶もきれいで、サイズも小さくなっていろいろ進歩している。
 この携帯は東芝製だが、おもしろいエピソードがあった。朝日新聞の日曜版で茨城大学の磯田先生という方が「昔も今も」というコラムを連載されている。今日は「技術立国4:からくり人形は遊び」というタイトルで「からくり儀右衛門」の話題だった。江戸時代のこの天才技術者は当時の世界的な発明(蒸気機関、アームストロング砲、自転車などなど)をつぎつぎと国産化して、「通信用電信機」さえつくってしまったということだ。これが現在の「東芝」の前身であることも初めて知った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.13

W-ZERO3

 ウイルコムのW-ZERO3をつかいはじめて気がついたことをいくつか。Windows Mobileはつかいにくい。メールソフトは重いし、PIM関係ソフトも使い勝手がいまいちだ。ということでメールソフトはフリーウエアのnPOPに変更したところ動作は軽くなり実用的になった。予定表関係もいくつか試してみたのだが、どうも複雑すぎていまいちだ。一台で済ませられれば一番よいのだが、どうやらPIM(予定表・メモなど)はCLIEを併用することになりそうだ。
 メール端末としてはよくできているが、webサイトの方は利用頻度はあまり高くない。携帯電話の小さな画面でも専用サイトは意外に便利に感ずるものだが、PDA画面に合わせたサイトがもっと増えて、無線LAN環境をもっと手軽に利用できるようになれば本当に便利だと実感できるようになるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.27

W-ZERO3

 先日ウイルコムのPHS端末W-ZERO3(シャープ製)を契約した。展示してあった実機は質感高く、PHS通信によるウエッブサイトの閲覧も予想以上のできで、通信速度とモバイルPCプラットフォームについての心配は無用だった。640×480という小さい画面だが液晶はとてもきれいで、フォントも視認性のよいものになっていた。スライド式のキイボードもとても良くできていて「両親指打ち」が無理なくできる。
 結局PDAに求めていたことがやっと実現された、という感じがする。だから、スマートフォーンというよりはPDA+通信という感じだ。ともかくハードウエアはすばらしいできだ。ブラウザー、メーラーとも充分つかえるがまだまだ必要最低限といったところだ。予定表などのPIM関係は慣れている所為もあり、やはりCLIEなどPALMの方が単純で使いやすい印象だ。
 PHSのエリアについても常磐線の車中でも意外とねばる(、と書いたが、やはり)圏外表示が頻繁にでる。柏以北の常磐線では受信可能なのは駅周辺に限定されるかもしれない。この小さな画面(と言っても一昔まえのPCでは標準画面だ)とPHSの組み合わせはなかなか最適な出会いのものかもしれない。定額プランで上限が決まっている点は安心だ(まだまだ割高ではあるが)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧