« エール(敗戦) | Main | マスク »

2020.11.03

チャット

ダイソンの掃除機が動かなくなって、チャットによるサポートを受けて、ちょっと面白い経験をした。買ってから来月で2年になるので多分バッテリーの問題と考えたが、一応メーカーに問い合わせてみようということでサポートセンターへフリー電話したのだが、案の定「かけ直すか、そのまましばらくお待ち下さい」ということでチャットによるサポートを試してみた。チャットの方はすぐに応答があった。「ダイソンサポートのTです」、掃除機の不具合の状態等の質問に答えていくと無駄なのない応答で「おそらくバッテリーの不具合」という判定となった。利用者登録も怠っていたのだが、その場でやってくれて、幸い保証期間内ということで無償でバッテリー交換してくれることになり、すぐに発送してくれることになった。バッテリーを交換しても動作しないようなら改めて連絡する、ということで非常に感じの良いスマートな対応だった。ふっと、もしかしてTさんはAIなのかもしれない、と思い、質問してみたところ「私はAIではありません」という答えが帰ってきた。AIの影響を受ける職種の一つなのかもしれない、と思うと大変に失礼な質問だったのだが。それでも、Tさんはリアルな人なのか、AIなのか判断するのはなかなか難しいことになるのではないか、などと思った。多数の機種のトラブルの判定についてはAI的なデータベースを利用されていることは確かだろう。

(かつてのELIZAのような単純なプログラム(ロジャー派のカウンセラーを真似したとされるもの)でもコンピュータではなくリアルな人と話しているような錯覚を覚えるものらしい)

|

« エール(敗戦) | Main | マスク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« エール(敗戦) | Main | マスク »