« June 2019 | Main | August 2019 »

July 2019

2019.07.29

一期生同窓会

 土曜日は勤務していた大学の一期生同窓会がある、ということで久しぶりに水戸へでかけた。早いもので卒業生も50歳半ばを迎えた。人間科学部は紆余曲折はあったが、現在まで(33期)に10,336名の卒業生を送り出すことができたことが報告された(その後、学部の増設等があり、総卒業生数は15910名)。人間科学部1学部の大学として1回生300人たらずでスタートした当時のことや、在職中短いながらもさまざまな出来事があったことが思い起こされた。

 今回は残念ながら心理学専攻(当時)の卒業生(39名)の出席がなく、近況を知ることはできなかったのが心残りだったが、出席していた当時の友人から何人かの近況を知る。また、1回生の確認できているおよそ200名のなかで6名が逝去されたとのことであった。また、当時は年配の教授陣と若手の教員という構成だったので学部創設メンバーの教授の方々も半数以上逝去されており、時間の流れをあらためて感じた。

 新しい学部の理念は学祭研究による人間科学の探求、地方にあっても良質な教育を提供すること、若い人たちの自立の援助をすることにあった。これらの基本方針は現在でも間違っていないように思う。出席していた卒業生から当時の学生の印象はどうでしたか、という質問を受けた。私の接した学生から得た一番の印象はかれらのもつ多様性であった。この同窓会での近況報告を聞いて、その印象はますます強まった。これらはこの大学の財産になるものだ。

 在職中もそうであったが、今回は私の今後の生活になにかヒントになることはないかと思い出席した。元同僚だった方々の近況も紹介されていたが、その中ではA先生の現在として「旅人」と答えられていたのが、良かったなあ。A先生は北大の(たしか)ワンダーフォーゲル部で冬山など本格的な登山もされていた。それで特にこの季節は登山等に没頭されているようだ。さて、私はなんと答えることができるかなあ。P7272955

| | Comments (0)

2019.07.25

Fin

長く使っていたFIN(GULL MEW)の足甲の部分が裂けてきたため、新しいFIN(GULL EMDEN)にした。同じGULL製で、前のものはダイビング用だったが、水泳の練習用も兼ねるということで長さが5センチほど短いものにした。フィントレーニングに使ってみたところ、前よりも腿前部に重みがかかる。わずか5センチほどの差だが推進力は前のものの方が大きいようだ。同じようにキックしていても進むスピード感が伸びない感じだ。負荷が前よりも少し大きいということでトレーニングには良いかもしれない。

| | Comments (0)

夏ブレンド「涼雨」

やっと梅雨明けの気配になって、「雨の日の珈琲」は夏ブレンド「涼雨」に変わった。アイスコーヒーにも合うようにパンチのあるブレンドにしました、という店主のKさん。ブラジル、エチオピア、パプアニューギニア、ガテマラのブレンドで、好みの味に近いかも。

| | Comments (0)

2019.07.05

お中元

今年もKT君からお中元の品をいただいた。とてもうれしいのだが、なにしろ卒業してウン十年だし、私も定年退職したことなので恐縮している。どうもありがとうございました。(ところで7月末に一期生の同窓会が開催されるのだがみんなの予定はどんな具合だろうか。)

Img_2289

 

| | Comments (0)

江戸っ娘(東京ブランド米)

ここ数年兄が進めている東京ブランド(東京アグリ研究会http:www.tokyo-agri.or.jp、青梅市)のお米を送ってもらった。東京ブランドのお米は初めて、ということでブランド名は「江戸っ娘」。さっそく炊いてみた。香りがよく、適度な甘さともちもち感でおいしいお米だった。

Img_2288

| | Comments (0)

2019.07.02

パラ競泳

 録画していた「ハートネットTV パラマニア(7)競泳」(7/1 20:00~放映分)を見た。クイズ形式でパラリンピック競技のルールや特徴を紹介する番組のようで、今回はパラ競泳がとりあげられていた。パラ水泳の競技区分やルールなどがわかりやすく説明されていたが、その中でアテネ大会の銀メダリストの江島大祐選手の泳ぎが分析されていた。江島選手は左半身麻痺のため右半身(右手、右脚)をつかってバタフライで泳ぐのである。一般的には片手・片足で泳ぐドリルをすると反対側に寄ってしますのだが、江島選手はまっすぐに進んでいる。東工大でスポーツ工学を専門とされる中島教授による映像分析とシミュレーションの結果、右手のストローク技術が優れていて、(体軸?の)重心へ向かって正確に水が押し込まれていることによるのではないか、という分析であった。

 中島選手は「半身麻痺のスイマーの前例はなく、自分の感覚をたよりにオリジナルな泳ぎをトライアルアンドエラーで」身につけていった、と述べられていた。水泳を身につける場合、教科書的な手のかきかた、バタ足の仕方などルール的に学ぶのであるが、人の身体はまさに多様であるから、正しい泳ぎ方というものはなく、一人一人の条件により多様な泳ぎ方が存在しているのであろう。Nコーチがよく言っているように教科書的な「正しい泳ぎかた」があるわけではない、ということに共通している。

水泳教室でも片手で泳ぐドリルがあるが、大切な練習なのだなあ、と思った。

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | August 2019 »