« 大規模修繕工事 | Main | 水泳(ジム遠征) »

2018.09.02

水泳

 通っているスポーツクラブで水泳の教室に通っている。最近では一緒に練習している人達から力抜けてきれいに泳いでいる、と褒めてもらえる程度にはなってきた。教え方で面白いのは、Nコーチの「魚は手足をバタバタして泳いでいるのではありませんよー」という言葉だった。人間は手足、特に手が器用なのでついつい手で漕ぎたくなる。これでも泳ぐことはできるが、すぐに疲れてしまう。たしかに「水に乗っている」ように見える人の泳ぎ方はあまりバタバタしていない。体重移動がポイントらしいのだが、どうも水中での姿勢や体重移動の仕方は地上での感覚と異なる。地上で歩いたり走ったりする場合に使っている手足・体の使い方と非常に異なるものらしい。
 難しかった(現在も)のは次のような「コツ」。
 「けのび」で水平に感じられるよりも、もっと前のめりになるほど前傾姿勢(腰の位置を高く)がとれるとよい。
 肩甲骨を前に回し上腕を前方向に傾ける(腕をかく、回すというよりも)ときの力が推進力になる。
 体幹をつかって重心の移動によって、水中をユラユラと進む。
Nコーチによると、このようなコツが身につけば、「人間は魚にはなれないけれども、泳げる」ようになる。Nコーチの水泳哲学は聞いていて、なかなか面白い。
 

|

« 大規模修繕工事 | Main | 水泳(ジム遠征) »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水泳:

« 大規模修繕工事 | Main | 水泳(ジム遠征) »