« 大規模修繕工事 | Main | とうちゃこ »

2018.06.17

作品展

 旧知のHKさんの作品展へでかけた。会場は南越谷にある小さなギャラリー。KHさんは定期的に合同の作品展で作品を発表されている。今年はどんな絵なのかなあ、と楽しみにしている。スコットランドの風景画は気に入ったが、すでに売約済みだった。
 今年は一緒に出品されていた河口聖さんという方が鳥取の出身という話を聞いた。河口さんの作品はクレーのような幾何学的な抽象画で、鳥取のご出身ということを聞いて、そのモチーフが砂丘の砂の色と日本海の青と夕焼けの茜色ではないかと感じた。青色は藍色、群青色、エメラルドグリーンなどが使われていて日本海の海の色を連想したし、茜色は日本海の夕焼けの空の色を強調されたもののようだった。ピンク色は朝方の空の色だろうか。エメラルドグリーンは鳥取の焼き物(牛ノ戸焼)にもよく使われている色に似ていた。明るい黄土色から砂丘の砂を連想した。砂や土が混ぜられているような質感だった。実際に鳥取の砂なのかはわからない。作者氏はまったく違うものを表現されていたのかもしれないのだが。赤、藍色、群青色の小さい作品がとても気に入った。

|

« 大規模修繕工事 | Main | とうちゃこ »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 作品展:

« 大規模修繕工事 | Main | とうちゃこ »