« May 2018 | Main | July 2018 »

June 2018

2018.06.29

梅雨明け・気象大学校

 気象庁は関東甲信越地方の梅雨明けを宣言した。6月中の梅雨明けは経験がないが、これまでの経験でもっとも早い梅雨明けは私が大学に入学した年の梅雨明けで、前期が終わって早々の7月の初旬だったと思うが、生活環境が変化したためにた印象に残っているのかもしれない。
 録画していたBSの「英雄たちの選択」(6月28日放送)は「日本気象学の父」岡田武松博士が取り上げられていた。6月1日は気象の日ということで、それにちなんで取り上げられたようだ。
 岡田博士は現在の気象大学校の前身である測候技術官養成所の設立など気象観測に大きな足跡を残された方のようだ。「台風」というのは岡田博士の命名で、梅雨の生ずる仕組みを明らかにされた。その一方で、気象データは軍事機密にもなり得たもので、科学と軍や政府との関係にも葛藤された様子も描かれていて、現代にも通じる内容であった。

 (現在の気象大学校は柏に移転してきたものということで、自宅からは球形の給水タンクが見える。)岡田博士は気象データを継続的に観測するためには人材の育成が重要、ということで技術者の養成に力を注がれた。現在の気象大学校は専門職大学の典型といっても良いのではないだろうか。現在の気象大学校が柏にあるのは岡田博士のご出身が我孫子市近くの布佐であった、ということも多少関係があるのだろうか。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.06.23

新時代劇

 「BS時代劇・鳴門秘帖」を録画していて最近になって再生して見た。昔のことになるが田村正和さんが主演された前作の印象は強かったが、新作は「新」時代劇風で面白く楽しめる。地上波では「そろばん侍・風の市兵衛」も面白い。殺陣は鳴門秘帖の山本耕史さんの方が決まっているが、そろばん侍の向井理さんもなかなかうまい。時代劇が好きなのは、子供のころからチャンバラの場面が面白かったのだろう。
 (チャンバラということでは女性を主人公にしたものはあまりないが、最近では「精霊の守り人」の綾瀬はるかさんの槍のチャンバラは迫真の演技ですごいと思った。)
 チャンバラではないが、「みをつくし料理帖」(黒木華さん主演)も面白かった。新・時代劇は娯楽としてよくできているなあ。最近では娯楽番組の時代劇は民放ではほとんど制作されず、もっぱらNHKの独占になってしまったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.06.18

地震

 今朝、8時ちょっと前にちょうどテレビをつけた途端に大阪方面の大地震のニュース速報がはいった。先の東日本震災での不安な日々を思い起こした。ニュースでは阪神淡路大震災ほどではないものの被害状況が次々報じられていた。夜まで待って何人かの知り合いに地震お見舞いのメールをした。被害のないことと、はやく通常の生活に戻られることをお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.06.17

とうちゃこ

 NHK BSプレミアムの自転車旅の「にっぽん縦断こころ旅」(火野正平)シリーズをときどき見ていたが、今週は郷里の鳥取県だった。東部では「隼プール」(八頭町)と「伏野海岸」(鳥取市)だった。鳥取にいた頃は知らなかったが、「隼プール」は昭和のはじめのころに作られた立派な50メートルプールで、今も利用されていた。晴天で夏のシーズンに合わせてきれいな水に張り替えられていた。ロケのときはまだ少し冷たかったと思うが火野正平さんはかかんに飛び込んで一生懸命に平泳ぎをされていた。ここを希望された投書の方は50年ほどまえに18歳で父親とブラジルに移住された方ということで、このシーンを見てさぞよろこんでおられることだろう。このあたりは鳥の名前にちなんだ地名がある。この近くの「鷹狩」というところは父親の出たところだ。
 伏野海岸は子供のころ賀露海岸に海水浴にいくバスが通っていたところではないかと思う。バスが海にむかって松林をぬけると文字通り「白砂青松」の風景が開け、わくわくしながら眺めたちょうどそのあたりではなかったかと思う。いまは空港の誘導灯が設備されているが、砂丘と海と不思議に調和した景色に見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作品展

 旧知のHKさんの作品展へでかけた。会場は南越谷にある小さなギャラリー。KHさんは定期的に合同の作品展で作品を発表されている。今年はどんな絵なのかなあ、と楽しみにしている。スコットランドの風景画は気に入ったが、すでに売約済みだった。
 今年は一緒に出品されていた河口聖さんという方が鳥取の出身という話を聞いた。河口さんの作品はクレーのような幾何学的な抽象画で、鳥取のご出身ということを聞いて、そのモチーフが砂丘の砂の色と日本海の青と夕焼けの茜色ではないかと感じた。青色は藍色、群青色、エメラルドグリーンなどが使われていて日本海の海の色を連想したし、茜色は日本海の夕焼けの空の色を強調されたもののようだった。ピンク色は朝方の空の色だろうか。エメラルドグリーンは鳥取の焼き物(牛ノ戸焼)にもよく使われている色に似ていた。明るい黄土色から砂丘の砂を連想した。砂や土が混ぜられているような質感だった。実際に鳥取の砂なのかはわからない。作者氏はまったく違うものを表現されていたのかもしれないのだが。赤、藍色、群青色の小さい作品がとても気に入った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大規模修繕工事

この春から始まったマンションの大規模修繕工事も第三期にはいった。今週は外廊下の高圧洗浄と防水塗装作業が進んでいる。
P6142182


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.06.01

アジサイ

ここ数日は爽やかな初夏の陽気だが、近所の小学校のアジサイもきれいに咲き始めた。
Img_2118
アジサイの青と葉のミドリはあたりがすこし暗い方が鮮やかに見える之景。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »