« 宝塚 | Main | 秋霖 »

2017.09.15

蔵書

 退職時に返納した書籍類の確認作業を終えたらしく、情報センターからメールがあった。返納作業時に私費で購入したものがかなり含まれていて、これらも収容可能なものは収容して良いか、という問い合わせだった。年度末は非常に慌ただしく校費購入した書籍を仕分けしたつもりだったが、相当混ざっていたようだ。
 個人研究費や科研費で購入した図書類は図書館スペースの不足から収納されずほとんど廃棄されるものと思っていたので、もちろん承諾した。もし図書リストに掲載されていれば、もしかしたら誰かの役にたつこともあるのかもしれないなあ。
 期待される読者数が極めて小さい書籍等は古書市場でも流通は困難と思われる。情報センターに自動のブック・スキャナーを導入して蔵書のデジタル化・オープン化が進めばなあ、と夢想することもある。

P2204552
返納作業のときに個人研究室の書籍棚の写真をメモ代わりに撮っておいた。

|

« 宝塚 | Main | 秋霖 »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蔵書:

« 宝塚 | Main | 秋霖 »