« 聖徳大学 | Main | 線路 »

2015.11.30

水木しげる氏

 午後のニュースで水木しげる氏が亡くなったことを知る。同郷のご出身ということで、作品の中に郷里の風景や情景が描かれていたり、亡くなった私の父と同じような戦争体験をもっておられたことでどこか懐かしさと親近感を抱いていた。戦記ものの作品はどれも本当に迫力と凄みがある。
 この夏に出版された「わたしの日々」(小学館)、「水木しげる:鬼太郎、戦争、そして人生」(新潮社とんぼの本)で紹介されていた少年の頃のみずみずしい絵画作品は本当にすばらしいものだ。
 漫画のなかにつきぬけたよう、どこか無常観を感じさせるような記述的なセリフがあるが、それがどこかユーモラスに感じられる。まだまだ読んでいない漫画作品もある。それらを楽しみに読もうと思う。
 

|

« 聖徳大学 | Main | 線路 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水木しげる氏:

« 聖徳大学 | Main | 線路 »