« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

2015.04.26

歓送迎会

夕刻、今年からいくつか兼務することになった部署の歓送迎会に出席した。ちいさな部署だが、若い統括を中心に士気も高く型にはまらず仕事を進めている様子をうかがうことができる良い会だった。この席でこれまで学内の仕事の話しかしたことのなかったT先生が実は私と同い年で、学年でいうと一学年上だったということがわかっておどろいた。今年で契約期間をおえたIさんは釜石市で復興事業のNPOで新たな仕事をされる、ということだった。新学期が始まってほぼ一ヶ月が過ぎたが、打ち合わせや会議の数は予想していたこととはいえ、かなりの量で、それぞれの部署の実務者に頼りっぱなしだ。これまでとは管理体制が変わったことにも依るのだが、試行しながら、その適否も検討しなければ、と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都

小さい頃からお世話になっていた叔父が亡くなった。葬儀のため京都へ。母と叔父たちの結束は固く、子供の頃は夏休みなどたびたび京都へいったり、いとこ達が鳥取で一夏過ごしたりしたものだった。ひさしぶりになつかしい従兄弟たちに会うことができた。叔父兄弟が映画会社に勤めていた大叔父・大叔母を頼り、まだ若かった二人が京都へ立っていたときの話を亡くなった母からよく聞いていた。二人は「ちいさなふろしきつづみひとつ」で山陰線にのり上京し、小さな町工場から起こし、独自の技術と製品をもつ製作所へと発展していった文字通りの立身出世の物語だった。子供の頃あそびにいったのは最初の住まい、北野天満宮にも近い西陣の近くの借家住まいだったが、工場の発展とともに立派な純和風の一戸建てになり、引退されるころからは御所近くのマンションの一角を住まいにされていた。叔父は後継者と期待していた長男を亡くした後、一旦は引退するつもりであったが、長男にまかせつつあった工場のことを思い「私一人の身ではなくなった」という決意を述べて、ふたたび工場の経営に奮闘された。母はこの叔父兄弟のことを「わが浜をかく、だけえ」といってとても喜んでいた。母方は鳥取の浜の出で、一人前になることをこのような言い方をしていたようだ。「わ」というのは「お前」とか「自分の」という方言で、漁師町らしく一定の地位を占めるようになることを「浜をかく」と表現したものであろうと思う。この話に私達兄弟もずいぶん励まされたと思う。のこされた叔母と従兄弟に、せめてそのお礼を言いたかったのだが、声がつまってしまいうまく言うことができなかった。長身の立派な体躯と明るく活力ある方で、なによりも職人的な勤勉さをもっておられた。戦中、戦後と私には想像もできない混乱期を生きぬき、92歳という天寿をまっとうされた立派な一生だったとしみじみと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.17

記念館見学

ゼミの新三年生の新歓を兼ねて恒例となった大学記念館の見学にでかけた。比較的小規模な大学とはいえ発祥からは百年を超える。もともと「子女の独立・自立」のための教育がその目的であった。当時は「裁縫」やその教師が自立のための有力が手段であった。記念館は小さいものだが、それからの100年の変遷を映像資料などでわかりやすくコンパクトにまとめてある。これらを通じて、現代ではそれが何にあたるのか、考えるきっかけになればよいと思う。見学のあとは同窓生会館を借りて水戸では有名な地元産の食材を活かしているKosaiのケーキと飲み物でティーパーティを4年生が準備してくれた。短い時間だったがおいしいケーキで楽しい会だった。
P4160028_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

MacBook

ゼミの新歓ティーパーティの帰りにすこし待ち時間があったので水戸駅のビックカメラで新しいMacBoookをみてきた。ネットではCPUパワー不足の心配が目立ったが、実機を触った感触では画面表示・更新は速く、キビキビ動作していた。展示されていたのはCPUの遅い方(1.1GHz)だったが、ノートブックとしての性能には十分な感じで、心配はなさそうだ。画面はretinaになってサイズもぴったりでAirとくらべると格段にきれいで文字も読みやすい。キイボードもクリック感が良いものだった。これは予想よりも良さそうだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.10

入園式

今日は幼稚園の入園式にはじめて出席。どんな様子か楽しみにしていた。式次第は大体同じだが、保護者の方と一緒に入場し、ならんで小さな椅子に座っている姿はとても可愛らしく、また、ほほえましいものだった。進行は幼い子どもさんむけに振りのついた歌をおりこんで、園児の注意をそらさないようにうまく工夫されていた。ピアノの伴奏もあって先生方も歌がうまくてこんな入園式も楽しくてよいなあ。中等学校、高校、大学の入学式は厳粛な雰囲気だったが、幼稚園の式からも取り入れるところがあるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.05

iRobot Braava

iRobot社の床拭きロボットが国内向けに発売になった。床掃除にはいいかもしれない、ということで我が家でも買ってみた。ルンバよりもだいぶ小型で、動作もとても静かで、テーブルやら椅子やら置いてある狭い部屋も行ったり来たりしてかなりくまなく雑巾掛けする様子がとても可愛らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.04

入学式

今日は入学式。今年はいくつか役職を務めることになったため大学・研究科・短期大学と午前中から午後までそれぞれの入学式に出席した。さらに来週は関係高校2校と幼稚園の入園式が予定されている。幼稚園の入園式は初めてなのでどんな様子かとても楽しみである。今年の式辞では短期大学を数年前に退職され来賓として出席されていたS先生の祝辞は、創立者の建学の精神をはっきりと認識されて教育を続けてこられた経験に裏打ちされた、具体的でわかりやすい、とても良い祝辞だった。
 花曇りから小雨がぱらつく天気となったが、ちょうど桜も満開だった。

Sakura2015
会場の体育館前の桜の老木。枝をおとされて草月流の作品みたいだなあ、乃景。(撮影は昨日)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »