« 懇親会 | Main | 採点その1 »

2014.07.22

R

 心理統計学で使用する統計ソフトの内容について教室会議で話題になった。非常勤講師の方によりSPSSとRが使用されていた。私もRが普及するようになってから書籍等はずいぶん集めていたのだが、もっぱらSPSSを使用していた。ちょうど話題になったところで遅ればせながら試してみようということで、一世代前のバージョンが問題なさそうということでインストールしてみた。Rが敷居が高いように感じられるのはコマンドラインからの入力という点にあるが、ごく簡単な例題等を試したところ、導入教育は予想ほど難しいわけでもなさそうだ。グラフも論文やレポートにふさわしいスタイルのものができあがる。これが無料で使えるというのはやはりちょっとした驚きだ。SPSSが一見簡単に使えそうに感じられるのは、ハウツー解説本が多いためではないかと思う。 (と、第一印象を書いたのだが、プログラミングの基本的な概念がないと使いこなすのはやはり敷居は高いかもしれない。それでもSPSSのシンタックスよりは情報も多くましかもしれない。)

|

« 懇親会 | Main | 採点その1 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference R:

« 懇親会 | Main | 採点その1 »