« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

2014.04.28

鯉のぼり

 常磐線の高浜駅付近はとても景色の良いところで、恋瀬川に映る筑波山を眺めることができる。最近になって恋瀬川の東側も霞ヶ浦の豊かな湖岸を望むすばらしい景色であることに気がついた。通勤列車から面白い鯉のぼりが見えたので撮影したところ、「高浜の釣り場」の案内のようだ。ネットで調べると「高浜の釣り場」は風光明媚な釣りの名所のようだ。高浜という地名もいい響きだなあ。 P4280928

Continue reading "鯉のぼり"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.24

音声トラブル解決

 前回の知覚心理学の授業でビデオクリップの音声が再生できなかった件は、PC外部の信号セレクター装置に音量ボリュームがあることが判明して解決した。(教室のマニュアルには書いてないのだなあ)。新助手のTさんに感謝。ただ授業進行の都合で「上映」は次回以降に。

Continue reading "音声トラブル解決"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.20

グループ展

 週末はつれあいの友人のグループ展を見に国分寺まででかけた。Hさん(後輩)は学部は心理学だったが、卒業後(H夫さん(先輩)の留学先で)絵画を学び、定期的にグループ展に作品を出展されていて、展覧会は私は今回2度目。小鳥など自然のものを描いた絵には独特の趣きがあるなあ。前回見た鮮やかな色彩も印象に残っている。他の方の作品では「風車」の動くオブジェが面白かった。展覧会のための作品の準備は締め切り近くになると徹夜になったりと、大変だと話されていたが、なによりも作品を発表することで楽しそうでいいなあ。  昼食はMさんが見つけてきた国分寺の「スローカフェ」で。有機食品のベジタリアンのメニューが充実していて、おしゃれな田舎風といったインテリアで、東京郊外のあのあたりの都会的な雰囲気によく合っていたなあ。

Continue reading "グループ展"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.18

新歓コンパ

 昨日は恒例の大学のルーツに思いを馳せるための記念館見学と新歓コンパ。今年は卒業生の旧姓Oさんの経営している「カフェぐるんぱ」を会場に。卒業生の活躍している様子をみせたかったのと、ひさしぶりに特製カレーを食べたかったので。「ぐるんぱ」は昨年末からサイエンスカフェでお世話になった。カレーはタマネギを丹念に炒めたスパイしーなものなので、辛いもの好きな学生はすごく気に入っていたが、辛いものが苦手の人にはちょっときつかったかも。デザートはショコラ、ニンジン、チーズケーキの選択だったが、私はニンジンケーキにした。学生諸君の間ではチーズケーキが絶賛されていた。4年生のIさんのお母さんとOさんが知り合いであったことが分かったり、3年生のMさんはOさんと「放送研究会」の後輩だということが判明したりで、small world的出会い体験もあってよかった。

Continue reading "新歓コンパ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音声トラブル

知覚心理学の講義で、ビデオクリップをメディアプレーヤーで再生しようとしたところ音声が出ないというトラブル。システムはwindows 7、office 2013にそれぞれ更新されたらしくなにか設定の問題だろうか。この教室R102では昨年までまったくトラブルがなかったので油断してしまった。しかたないのでパワーポイントで話を先にすすめた。来週までに要確認。

Continue reading "音声トラブル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.14

太陽光発電

通勤列車から毎日眺めている景色だが、最近目立った変化は岩間駅付近でかなり大きな太陽光発電のパネル工事が行われていることだ。常磐線沿線はもうすこしすると田植えの季節を迎え、とても美しい水田の景色になるのだが、最近では休耕田で荒れたところも目立つようになっていた。稲はふたたび脚光を浴びる日がかならず来ると思うが,エネルギーと同様、いま農業も転機を迎えているのだろう。 P4140699

Continue reading "太陽光発電"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.09

新入生歓迎会

午前中学科の新入生歓迎会でアドバイザリークラスの顔合わせ。ケーキと飲み物のささやかなパーティだったが、学科の教員の紹介・挨拶など。(年取ると話が長くなるのかなあと思い、毎年同じくK先生が一回生の歓迎会で話された「賢明な選択」のことと、全員卒業してほしいことを祝辞として述べた。定年の関係でことしの一年生が卒業する前に、私は「卒業」しなければならないのだなあ、と思う。)

P4090606 大学前バス停に咲く山桜?。

Continue reading "新入生歓迎会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.04

今日は午後から水戸も雷雨で大荒れ。帰りの列車も停電等で15分ほど遅れたが、雷雨は比較的短時間で過ぎ去り、友部付近では車窓から不穏な雲行きの空に虹がかかっているのが見えた。虹をみるのはひさしぶりだなあ。

P4040500

Continue reading "虹"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

構内禁煙

 新学期のガイダンスが始まった。久しぶりに学生が戻ってきて、構内にも活気が出てきたのは良いのだが,困ったことに構内どこからともなくタバコの匂いもするようになってしまった。もちろん構内は禁煙で、一部喫煙スペースがあるだけなのだが、いかにタバコの煙の匂いがきつく、伏流煙が残留するかを示している。研究室も出入るするので室内でも匂いが気になってしまう。タバコの煙はPM2.5付近の粒子らしく、拡散しにくく、分煙では煙害を防ぐことは非常に難しいことを周知してさらに構内禁煙化をすすめてほしいものだ。

Continue reading "構内禁煙"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.03

入学式

 今日は学部、大学院の入学式。あいにくの雨模様だったが、春の雨。大学院入学式の学長式辞はご自身の院生時代からの研究履歴に触れながら学問の本質を語られた印象に残る式辞だった。研究テーマの選択に困ったとき、ある先生からテキストを精読し疑問に思う箇所をマークし、その中からテーマを選択して研究をはじめたこと、その後、自分のやっていることはあまりにも狭くささいな問題ではないか、という不安ももたれたそうだ。どんなに些細なことであっても本質につながることがらであればそれでよいのだ、という示唆を(哲学の?)先生から受けたこと、また、他分野の同僚/先輩先生から「教養の先に専門がある」という示唆をうけ、広く音楽や美術の勉強もなされたようだ。あるときそれらと本来の専門との繋がりが啓示のようにあたえられ、独自の学問として結実できたことを語られたのである。「教養」が専門研究にも重要で、広く様々な人々と交流することが学問を続ける上で大切だ、という趣旨であったと思うが、引き合いに出された「フィガロの結婚」の「バルバトル」の逸話は私の教養が無く、よく理解できなかったことが大変に残念だった。

Continue reading "入学式"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.02

Olympus TG-3

 昨年夏にOlympus TG-2を購入して愛用していたが、デジタルカメラ関係のサイトによると海外ではTG-3が発表された(なぜか新製品は海外発表が先、というのはなにか理由があるのだろうか)。TG-2は強力なマクロ撮影機能と防水性能等の特徴があるものだ。  TG-3では昆虫写真で有名な海野氏のサイトで知った「深度合成」が簡単にできるようになっているらしい。マクロ撮影ではピントの合う範囲が狭い(深度が浅い)ために、撮影対象が浮き上がったように見えるのが特徴でもあるが、その反面、撮影の難しさがあった。しかし、ピントをずらしながら撮影し、それらを合成して全体的にピントのあった画像をつくる「深度合成」はマクロ撮影にもかかわらず全体にピントの合った独特の表現が得られる。これまではPhotoshopなどで合成処理するか「あおり撮影」するしか方法がなかったが、これがコンパクトデジカメでできるのは驚きだ。「深度」の調整もできればすばらしいと思う。また、インターバル撮影なども充実しているようだからいろいろな観察用途としても適している。と、いうような新しい魅力があるので買い替えようかなあ。

Continue reading "Olympus TG-3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.04.01

新学期

今日から新学期。午後、永年勤続表彰式というのがあって、私もこれに該当して出席し、表彰状と金一封をいただいた。されど時はとりかえしはきかない。せめてこれからできることを考えよう。ちなみに、私と同期の方は教員3名、職員1名だった。 写真は図書館横手の桜の老木。 P4010260

Continue reading "新学期"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »