« 新駐日大使 | Main | 植田正治展2 »

2013.11.24

植田正治展

夕方に渋谷の麗郷で会食。途中、東京駅ステーションギャラリーに寄って「植田正治生誕100年」記念の写真展を見た。植田氏は山陰にとどまることで「植田調」を確立し世界的にも評価されるようになった写真家だ。やはり、深い黒色を基調にしたモノクロの銀塩写真プリントは版画のような作品としての趣きがある。「地方」にいてその地を愛しながら「ハイカラ」な生活をすることには憧れるところがある。脚色された故郷の風景を見るのは「ふるさとは遠くで思うもの」という感覚に近いのかもしれない。
1385283784252.jpg

写真は渋谷井の頭線への通路に移設された岡本太郎氏の壁画(やっと見ることができた)。それにしても渋谷の人出はすごいなあ。

|

« 新駐日大使 | Main | 植田正治展2 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 植田正治展:

« 新駐日大使 | Main | 植田正治展2 »