« 落ち葉 | Main | 推薦入試B »

2013.11.10

研究会

 土曜日は東京での法と心理学研究会の立ち上げということで神保町へでかけた。研究会では基調講演として刑法学思想についてのレクチャーがおもしろかった。刑法学は素朴な動機づけ行動論にたっているところがあって「責任」概念をめぐる決定論の論争があって、決定論と非決定論のおりあいをつけるのに苦労している点があるようだ。人間観をめぐる考え方には心理学の思想と類似性があるように感じた。
 若手の個別発表もいくつか行われた。法学研究科の院生の方の研究発表ではいくつか大事な論点があったが、法学研究として重要な点であるのかが判断できず質問することはひかえたが、別の方が同様の点を指摘されていたので無意味な疑問でもなかった。「異業種」では重要性についての判断に確信がもてないところが悩ましいところだ。
 心理学の院生の発表では心理学的な実験としては明らかに条件が不備であるが、発表者の方の意図に反して、法の実務においてはむしろそのことに重要な意味がある発表があった。このような例も学際領域の面白さだ。次回は3月初旬。

|

« 落ち葉 | Main | 推薦入試B »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 研究会:

« 落ち葉 | Main | 推薦入試B »