« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

2013.05.26

送別会

 週末は水泳教室のKコーチの送別会。前回の懇親会につづいてクラブの近くのカーロ・パパで。今回は送別会ということでこの4月に退職されたMコーチも出席されて、12名とにぎやかな会になった。カーロ・パパは小さなトラットリアで席がちょうど12席で貸し切りとなった。Kコーチは川で自由に遊ぶ「川がき」を彷彿とさせる。あけっぴろげで楽しいコーチだ。Aさんが選んだTシャツの箱(これもAさんが選んだプレゼント用の紙ケース)に寄せ書きをして、若い社長のSさんが花束を用意して送る。とてもよろこんでくれた。コーチの人徳でみんな水泳を通じてとても楽しい仲間になることができたと感じている。カーロ・パパのオーナーシェフもワインの話や(Aさんが詳しいことで)、料理の話をしてくれた。9時前にはじまって、結局11時すぎまで。 (ふだんはカーロ・パパは月曜休日だが、今日は開いていなかったのは昨日の疲れがでたものか。)

Continue reading "送別会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.21

book off

自宅の新書や文庫本、単行本などを整理しようということでブックオフの出張買取を利用してみた。予約の時間の連絡ミスとかで、催促の電話をしてあわててやって来たなあ。CDも引き取ってもらい結局600点ほどになった。買取は合計で3万円ほどだった。単純に割ると一冊あたり50〜60円。値のつかないものは処分を依頼したのでまあ良いかとも思う。スペースがあれば手元においておきたいのだが近くに巨大なブックオフがあれば、貸本屋のように利用できるのかもしれないなあ。

Continue reading "book off"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.13

記念館見学

 先週ゼミ3年生と恒例の学園記念館の見学にでかけた。短期大学部は必修授業で見学が組み込まれているということだが、大学ゼミでの見学はめずらしいということだ。本学は小さな大学だが、歴史をたどると近代の女性の社会的な独立・自立を目指して創立された「裁縫伝習所」に始まる。日本の各地に同じような志しと歴史を持つ大学があるのではないかと思う。学園関係の出身者が3万人にも及ぶのだということを聞くと、それぞれの地域で大きな役割を果たしてきたのだなあ、と思う。記念館には女子教育の歴史がわかりやすく展示されている。もちろん近代の日本とは事情は異なり、現在では共学になっているが、これらの上に現在の大学がつくられていることを考えながら現代の若人の自立のための教育とはいかなるものなのか、思いを巡らすことにしている。

Continue reading "記念館見学"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.11

えらいぞソフトバンク

 研究室と大学構内付近の電波事情が悪いことをここでも何度か書き、またソフトバンクにも「電波改善要望フォーム」を出していた。今日ソフトバンクのカスタマーサポートからメッセージが来て、大学付近の基地局工事が完了した旨の連絡が来た。たしかにこのところ研究室でも3Gだがアンテナ4本くらい立っているし、大学前のバス停付近ではLTE に切り替わって、大学付近で「圏外病」は発症しなくなっていた。ほかにも「要望」を出した人が多かったのかもしれないが、ちゃんと対応しているんだなあ。関心シマシタ。

Continue reading "えらいぞソフトバンク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.05

高橋智隆展

 柏高島屋で開催中の「ロボットクリエーター 高橋智隆展」の入場券があったので甥2号3号と出かけてきた。乾電池の広告に登場する小さなロボットや、最近ではカップヌードルの景品に使われているロボットが有名なものだ。経歴をみていたら立命館大学の社会学部?を卒業後に、工学部に入学されてロボットの研究を始められたようだ。原点は鉄腕アトムにあるとのことだった。高橋氏の人型ロボットのデザインはどことなく鉄腕アトムに似ている。いろんなモノをつくるのが趣味だったということで、ロボットはまさにその傾性にはまったものなのだろう。  小規模な展覧会だったが、小さなロボットが展示されていて、だれでも自分のちいさなロボットを作ることができるような時代に入っていて、ちょうどパーソナルコンピュータが出現したときのような大きな可能性が感じられた。 5

Continue reading "高橋智隆展"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.01

隣犬

自宅マンションの隣にかわいい犬をかっている家があって、通りかかるたびに(白いので)「チロたん」と呼びかけていた。先日はじめて飼い主の方にお目にかかることがあって、本名がシャルロッテちゃんであることが判明した。でも、ついついチロたんと読んでしまうのだった。 Img_0149

Continue reading "隣犬"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »