« 法と人間科学 | Main | 学期末 »

2013.01.15

雪の日

 この祝日は水戸芸術館のコンサートへでかけた(大野和士氏指揮,水戸室内管弦楽団)。西村悟氏のテノールの独唱のプログラムがあった。立派な体躯の豊かな声量で人の声はいいものだなあ。とてもきちんとした演奏だった。聴衆も盛大な拍手で大喜びだった。

 夕方水戸は雪も小降りになっていたので,帰りは大丈夫かと思ったが常磐線は首都圏の雪と架線事故で止まっていた。ホームに入っていたスーパー日立が柏に臨時停車するとのアナウンスで乗り込んだのだが,出発したのが4時間後,柏にたどり着いたのは12時をまわっていた。結局,8時間近くかかった。席を確保できたのがせめてものなぐさめだった。近くの席の人は羽田発のサンフランシスコ便にとても間に合わないと電話で予約変更などされていたが,とても旅慣れた様子でおちついて対処されていたのが印象的だった。常磐線ではときどき大幅遅延の列車に乗り合わせることがあるが,今回が最長記録だなあ。
Img_0041

|

« 法と人間科学 | Main | 学期末 »

卒論」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雪の日:

« 法と人間科学 | Main | 学期末 »