« 卒業式 | Main | コカリナ »

2012.04.04

入学式

 今日は大学・大学院の入学。式は午前中だったので無事終わったが,午後から猛烈な春の嵐となった。昨年度の卒業式から少し式次第が変わり,教職員代表の祝辞が復活し,しかも若い世代の方が代表するようになって良かったと思う。今日の学長の告示は印象的なものであった。学部では(ダンテの神曲の話だと思うのだが教養なくて私が十分理解できたかは疑わしい)人知の果てをこえようとしたが,沈没してしまったオデュッセウスの話にたとえて,現在の人間の傲慢さに注意を喚起されたのであろう。大学院ではさらに長谷雄草紙の朱雀門の鬼との賭け事の話をされて学者の陥りがちな誘惑を指摘された。学者はある種の異型でなければならないが,同時に人間の則をわきまえていなければならない,ということだろうか。
 3月末の大学院の修了式ではご自身の若かりし頃の学会での論争について語られた。論争は学会をあげての重大なものとなり,論敵は結局大学を去ることになったという。学問の厳しさをはなむけの言葉にされたのである。

|

« 卒業式 | Main | コカリナ »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 入学式:

« 卒業式 | Main | コカリナ »