« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

2012.01.31

披露宴

先週末は甥のT君の結婚披露宴があって八王子まででかけた。玉のような赤ん坊から立派な青年に成長し,きれいなおよめさんに出会うことができたようだ。友人にもめぐまれている様子で,二人の手作りの結婚式と披露宴で幸せなひとときをすごすことができた。T君とは10年ほども前のことになるが一緒にストックホルムに出かけたことを懐かしく思いおこした。

Img_3354

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.26

Kodak

 米国コダック社が倒産というニュースがあった。写真を趣味にしていたのでおどろいた。学生のころはモノクロフィルムのトライXの長尺が割安ということで大学の暗室でパトローネにまき直して使った思い出がある。そのころはヨドバシなどでは使用済みのパトローネはフィルム売り場に大量に置かれていてタダだった。ちなみにヨドバシではフィルム売り場ではスーパーにあるような冷蔵ケースにいれられて生もの扱いの商品だった。

 D76というコダックの現像液で「1対1現像法」で現像すると独特のカリっとした画像が得られ、しかも毎回新しい溶液を使うため現像結果も安定している、ということでアマチュア写真家にも定番だった。本棚をさがしてみたらこの現像法のコピー資料が残っていた(新川幸信氏「利用価値の高い 1対1現像法のすべて」たぶん1972年頃のアサヒカメラ誌)。

 あとコダックで思い出すものは色刺激をつくる干渉フィルターや学会発表などでよくみかけた回転式カートリッジの「カローセルスライドプロジェクター」にもあこがれたものだ。いまでは学会発表でブルーのスライドを見かけることはない。発表の準備は今はとても便利になっているなあ。カラーのポジフィルムは高価でとてもつかうことはできなかったが、サイモンとガーファンクルの「ぼくのコダクローム」という曲もなつかしい。サイモンとガーファンクルにはニコンFも登場するし、写真ファンだったのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.23

twitter

このところこのブログの更新頻度は著しく落ちている。たまに更新しても文字通りのつぶやき状態だ。twitterは話の流れがよくわからないのであまり見に行くこともなかったのだが、ブログとtwitter両方を更新している方ではやはりtwitterの方が更新頻度が高くなるようだ。最近読んでいるものでは、心理学者のynabe39さんのtwitterがとてもおもしろい。これを読みながら、機知に富んだ「徹底的警句主義者」の佐藤先生のtwitterを読んでみたかったなあ、と思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実験実習発表会

基礎心理学の実験実習(3年後期)のグループ発表会に出席。今年は「アイカメラ」「ヒューリスティックス」「ストレス」の3グループ(実際は4グループ)だったが、発表は要領よくまとめられていてよいと思ったが、「せっかくのデータが分析されていない」「つめがあまい」、「まとまりすぎ」という評もあった。うちわで実験実施したせいか実験倫理上の配慮すべき点についてトレーニングされていない点がみうけられた。今後の課題。また、心理学の卒論は個人個人がおのおののテーマに取り組むのであるが、グループワークの経験は貴重なものになると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

試験期間

 今日は心理学概論の定期試験。これで今年度の授業を終了することができた。これから一週間ほどは採点と修論論文審査などが残されている。月曜日4限は大教室に空きがなく一部座席を離すことができないため、配布資料持ち込み可として論述式の設問とした。現在わりあてられている中教室では98名までなら座席を一列空けることができるので、来年度から受講者数を制限するかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »