« June 2011 | Main | August 2011 »

July 2011

2011.07.20

光輝

 女子サッカーのワールドカップは文字通り歴史に残る優勝だ。沢主将はインタービューの質問に対し,深く印象に残る言葉を残している。昨日のスポーツエッセイ(藤島大「スポーツが呼んでいる」東京新聞7月19日夕刊)でニューヨークタイムズのインタビューを引用している。

「私たちは走って,また走った。疲れていたけれど走り続けた」
"We ran and ran". "We were exhausted, but we kept running".

A Resilient Team Soothes a Nation by J. Longman, The NewYorkTimes July 17, 2011.

簡潔なことばのなかにこのスポーツの本質がこめられているすばらしいコメントだ。

 この決勝戦までの戦いぶりをみていて,どういうわけかずいぶん昔のことだが東京オリンピックでの女子バレーの決勝を思い出した。あのときの対戦相手は強豪ソ連チームで,素人目には日本チームが劣勢のように見えた。しかし日本チームは強烈なスパイクを拾って拾って拾いまくっていて,ゲームが終わってみると日本チームが勝っていた。まさに「柔よく剛を制する」というゲームだった。当時は攻守のわかれたゲームでないと体格差は克服できないとおもわれていた。
 しかし,今回のなでしこジャパンチームは欧米のチームと比較するとたしかに大人と子どものような体格差があったが,自信に満ち,慌てることなく果敢に戦い,きちんと攻撃していた。今回,攻撃と守備のわかれていないサッカーのようなゲームで体格差を克服し,従来の常識を覆したまことに創造的な優勝だったと思う。

 

スポーツの本質に関わることではないかもしれないが,日本サッカー協会の規定ではワールドカップ優勝の場合,選手一人に5000万円の報奨金が定められているそうだ。この額についてはこれでも不足のような気がするが,すくなくとも,協会はこの規定を女子サッカーにも等しく適用し,適当に定めた金額ではないことを自ら証明するべきではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.07.11

水戸芸術館

先週末は水戸芸術館にでかけ,ひさしぶりに室内楽を聴いた。芸術館も被災して修復中ということだが,音楽ホールは改修されて定期演奏会が再開されるということで出かけてみようということになった。700名弱のコンサートホールで,響きもよくすばらしい空間だ。大学の同僚の方も何人か来場されていた。演奏は端正で気合いのはいったすばらしいものだった。梅雨明けの盛夏の夕刻に三々五々集う,暖かく節度ある聴衆の様子にも感銘をうけた。

Img_2122

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.07.07

お中元

K君どうもありがとう。後ろに見えるのは最近気に入っているハーブティでこれにすごくよく合いました。水戸駅構内の輸入食品店で買ったものです。ここではいろいろ珍しい輸入食品がおいてあるので大学の帰りによく寄っています。

Img_2098

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »