« Thanks | Main | 相棒II »

2010.12.12

ファイルの互換性

 MacとWindowsのワードファイルの互換性の問題にはじめてでくわした。
KaleidaGraphというWin版のグラフ作成ソフトでつくった図をwinのワードにコピーして図原稿を作成した。これをメールで送信したところ次のような結果になった。

(1)自宅のマックでこのファイルを開いたところレイアウトが崩れて,グラフの上半分が用紙からはみ出してしまい表示されなかった。(画像を選択しても移動できない状態)
(2)vaio で受信したファイルはwinのワードで問題なく開けるのでファイルは壊れていない。
(3)MacのPages(ワープロソフト)でも問題なく開ける

(4)Pagesからword(doc形式)で書き出したファイルはMacのワードで問題なく開ける

 たまたまXXX.doc形式(2003-2007)で書き出してしまったのが問題だったかもしれない。別の図でzzz.docxで送っていたものは問題なく開くことができた。
 問題のファイルをファインダーで見ると縮小アイコンにはグラフ全体が表示されているので,Mac版のワードに原因がありそうだ。Pages の互換性は本家よりも良さそうだ。グラフ作成ソフトから直接PDF等に書き出せるようになっていれば一番良いのだが。

(SPSSの操作画面を画面コピーして多数貼り付けているワードのファイル(実験実習用インストラクションマニュアル)をマックのワードで開いたところ,一枚だけ画像の上半分ほどが欠けるものがあった。やはりPagesでは問題なく開けるので,Pages経由でDocファイルに書き出すとマックのwordでも問題なく開くことができた。やはり,マックのワードの問題のようだ。

もし画像が欠けるファイルがあったら,

Pagesで開いて−>docファイルで「書き出し」−>マックのワードで開く

という手順で大丈夫のようだがそんなことならPagesをつかって編集して,docファイルで書き出せばよいのか)

|

« Thanks | Main | 相棒II »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファイルの互換性:

« Thanks | Main | 相棒II »