« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

2010.12.24

相棒II

 映画相棒IIを見た。前作はどことなくテレビっぽい印象が残っていたように感じたが,IIはストーリーもおもしろく映画としてのまとまりというか完成度が高まっていた。これはおすすめだ。すこし前に見たフジテレビ系の劇場版「SP」より数段すぐれたできだと思う。SPは最初の30分はすばらしかったが,後半はテレビ的で散漫な印象だった。
 和製の刑事ドラマはストーリーが定型化されてしまっていてあまりおもしろくなかったが,「相棒」は推理小説的なよくできた脚本と軽妙な演出で毎回楽しみにしている。
 テレビドラマでは最近ケーブルテレビで見ている 「LAW & ORDER クリミナル・インテント」が毎回秀逸でおもしろい。ちょっと「粘着」なゴーレン刑事と相棒の女性,イームズ刑事が証拠に忠実に,しかし,犯罪を人間的な理解の仕方で推論していく過程がテンポ良く描かれているものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.12

ファイルの互換性

 MacとWindowsのワードファイルの互換性の問題にはじめてでくわした。
KaleidaGraphというWin版のグラフ作成ソフトでつくった図をwinのワードにコピーして図原稿を作成した。これをメールで送信したところ次のような結果になった。

(1)自宅のマックでこのファイルを開いたところレイアウトが崩れて,グラフの上半分が用紙からはみ出してしまい表示されなかった。(画像を選択しても移動できない状態)
(2)vaio で受信したファイルはwinのワードで問題なく開けるのでファイルは壊れていない。
(3)MacのPages(ワープロソフト)でも問題なく開ける

(4)Pagesからword(doc形式)で書き出したファイルはMacのワードで問題なく開ける

 たまたまXXX.doc形式(2003-2007)で書き出してしまったのが問題だったかもしれない。別の図でzzz.docxで送っていたものは問題なく開くことができた。
 問題のファイルをファインダーで見ると縮小アイコンにはグラフ全体が表示されているので,Mac版のワードに原因がありそうだ。Pages の互換性は本家よりも良さそうだ。グラフ作成ソフトから直接PDF等に書き出せるようになっていれば一番良いのだが。

(SPSSの操作画面を画面コピーして多数貼り付けているワードのファイル(実験実習用インストラクションマニュアル)をマックのワードで開いたところ,一枚だけ画像の上半分ほどが欠けるものがあった。やはりPagesでは問題なく開けるので,Pages経由でDocファイルに書き出すとマックのwordでも問題なく開くことができた。やはり,マックのワードの問題のようだ。

もし画像が欠けるファイルがあったら,

Pagesで開いて−>docファイルで「書き出し」−>マックのワードで開く

という手順で大丈夫のようだがそんなことならPagesをつかって編集して,docファイルで書き出せばよいのか)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.09

Thanks

KTさん いつもどうもありがとう。
Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.07

武士の家計簿

 先週末は「武士の家計簿」を見に行った。金沢藩の「御算用方」という会計課に代々仕えた猪田家7代目の直之・お駒夫婦を主人公とした江戸末期から明治時代にかけての物語。磯田道史氏の同名の著書を元にしたものであるということだ。家計簿の詳しい内容から当時の生活ぶりがいきいきと再現されていた。封建時代では各家の「お家芸」で家を守るほかに生活の手段はない。武士階級では軽視されていたお家芸である「算用」を子供にきびしく教え込む場面が印象的だった。「算用方」はどちらかといえば裏方で地味な地位だったが,時代は変わり,直之の子供成行は明治政府に「たくてぃーくす」の専門家として近代的なテクノクラートとして活躍の場を得ることになった。堺雅人さんなど俳優陣はいずれも好演で,派手ではないが時代の変動を生き抜いた芯の強い端正な人生が描かれていたと思う。

 脚本の元になった「武士の家計簿」は大変なベストセラーになっているようで,近所の3軒の本やの2軒で売り切れていた。一家の家計収支と現代の国家予算とは比較にならないが,「歴史は過去の人々との対話」という著者の磯田さんは現代の問題を史実を通じて解き明かそうとしておられるようだ。いま直之のような人が必要なときなのかもしれない。また,道田さんは社会情勢が大きく変化するときに生き延びるための術は既得権益に安住することではなく,普遍的な知識や技能であるとも述べておられた。「教育」についても,「経済」についても,また「社会」についても示唆に富む物語だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.04

クリスマスツリー

今日は用事で日大文理学部へでかけた。夕方からの会合だったのでキャンパスに入るとクリスマスツリーが飾られていた。ちょうどツリーの上に星が見える。ベツレヘムの星か?クリスチャンの幼稚園だったのでクリスマス行事の一つにキリスト誕生の劇があって,生誕を予言した「東方の三博士」の一人の役で贈り物をもってベツレヘムへの道を歩む,というシーンのことをいまもよく覚えている。大昔の話だが。
Xmastree

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »