« 新しいデジカメ | Main | 鶏飯 »

2010.11.11

MacBook Air 11

 手軽なサイズと重さのMacBookAir11は国産小型ノートPCの魅力を上回ったと感じて、windowsノートから移行できるか試用中。画面の高解像度化と小型化で文字がよみにくいのではないか、という心配は無用だった。スリープからすぐに復帰出来る点がとても良い。キイボードもほぼフルサイズで使いやすく、ノートに求められているものがよく分析されている。

 ウィンドウズ関係の書類のやりとりをしなければならない、という実務的な問題があるのでOffice Mac 2011を購入した。互換性はかなり高いとの下馬評だが、細かな問題が生ずるかもしれない。しばらく使って、どんな問題が起こるか見るしかないだろう。
 USBメモリーのワード(ウインドウズ)のファイルをクリックしてみたところどういうわけかハングしてしまった。再起動して問題なくなったが。マックのワードは文字表示がとてもきれいで、文字サイズを変更してもバランスが崩れずウインドウズの画面よりも数段読みやすい。

 あとは、マックで作ったパワーポイントのファイルが教室のPCで問題なく再生できれば、宣伝どおりBack to Mac できるかもしれない。

 (アカウント名が自動的に決まってしまうことに気がつかず、旧マックからの移行で戸惑ってしまったこと、画面が11インチワイド画面なので縦方向が狭くなるのがやや不満なところ。iPadのように縦横両方向に表示することはできないのだろうか。)

(ウィンドウズのパワーポイントファイルをマック版のパワーポイントで修正・編集して授業で使ってみた。一応ウインドウズ版のファイルも持参した。教室のパワーポイントは前のバージョンだったが、マック版でまったく問題なく再生することができた。授業のスライドはほとんどが大変シンプルなものなの、でback to macしても問題なさそうだ。

縦方向の画素が少なめ、という点も「ドック」を画面左端に表示することで改善できた。11/15追記)

|

« 新しいデジカメ | Main | 鶏飯 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MacBook Air 11:

« 新しいデジカメ | Main | 鶏飯 »