« January 2010 | Main | March 2010 »

February 2010

2010.02.26

おぼろ月

今朝がたは水戸もかなりの濃霧だった。2月も末となってしまったが、入試関係も一段落して一息つけるところ。夕刻、おぼろ月の下中庭のしだれ梅を見上げると、まことに春の宵の風情だなあ。
R0011709

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.22

ThinkPad USB キイボード

研究室のPCのキイボードをトラックポイント付きのThinkPad USB キイボード(55Y9024)に取り替えてみた。デルのキイボードだとときどき左隅のコントロールかウインドウズキイを押してしまうことがあるらしく、予期せぬシャットダウンに見舞われることがときどきあったので、ネット情報でThinkPad型のキイボードが安くなったことを知り取り替えた次第。キイの感触はそれほど良くないが、トラックポイントを使えばキイボードから手を離す必要がないので便利だ。P1000161

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.18

ハーブティ

今年の冬はいつもより厳しいようだ。TERMOSの「真空携帯マグ」でしっかり入れて飲む、というのが今年のマイブーム。ティーポットでいれるよりもスパイスの味がしっかり
煎じだされる。種類はいろいろあって、ジンジャーティはとてもスパイシーでちょっと漢方くさくもあってこれが気に入っているが、香りのよいエキナセアが一般向きかもしれない。あと、Throat Comfortというのも喉のイガイガに効いた(ような気がする)。
R0011638

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相棒

 昨「相棒」新シリーズもおもしろく、録画してほぼ毎週見ている。晩のテレビ朝日「相棒」には「サブリミナル効果」や「マインドコントロール」といった心理学的な題材が使われていた。心理学研究室の先生方が心理学的見解を語る場面はややぎこちないが、その分野の研究書を参照し、現状の見解が語られていた。刑事的な責任をどのように問うか、取り調べの刑事達が悩んでいたところは法心理学的な内容でもあった。おもしろかったは、心理学について、以前は心を読まれる、というようなイメージがもたれていたと思うが、番組の中では、もう少し進んで、行動をあやつることができる、という印象へ変化しているようだ。描かれていた人物像には一般のイメージが反映されているのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.13

梅の開花情報

水戸は昨夜来の雪が少し残っていた。三分咲き程度となった構内中庭のしだれ梅も雪景色の中良い香りを楽しむことができる。どこかの大学で梅の香りは開花から一週間後が一番強い、という研究が発表されていた。アドミッションセンター横手の白梅はまだ数輪開花というところだった。車窓から見る偕楽園は2分咲きほどの幹がちらほら、というところだ。やはり車窓から見える千波湖畔に映画撮影のセットが出現しているが、「桜田門外の変」を扱う映画のものということだ。3月頃の本当の雪模様の中で撮影できればすばらしいのだが。
R0011616

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.06

霜柱

 昨日は入試のため朝早く登校した。天候に恵まれたが、早朝の冷え込みは厳しく校内の芝生には霜が降りて、朝日を反射してきらきら輝いていた。霜柱を探してみたところ、体育館裏手の林間に、1cm程度の朝日に輝く霜柱を見ることができた。写真ではちょっと前ピンでわかりにくい。(数年前には構内中庭の白樺林で5~6センチの樹状の立派な霜柱をみかけたことがある。)
 幸い、入試では昨年を上回る受験者を迎えることができた。来週は判定会議等入試関係の仕事が続く。
R0011576

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.04

雪遊び

水戸も積雪が少しあり、本部棟前の小さな坂はかっこうの雪遊び場(○○○台は試験シーズンには禁句なので)となっていた。心理学科の卒論発表会場の学生ホール2階から。卒論発表会は学生主催で、助手のTさんとともに準備がよくされていて、盛会でよかった。ポスター形式にしてから学生参加も多く質疑も活発に行われていた。今後もこの良き伝統を引き継いでほしいと思う。今年は84名の卒業が予定されている。
P10000642

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.01

初雪

夕方雨から雪に変わった。明日はひさしぶりに朝日に輝く雪景色を見ることができるだろうか。 P20102101_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »