« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

2010.01.30

新年会

今日はおそまきながらの新年会で銀座へ。おそめの昼食会だったが、お手頃価格の店で人気店らしくずいぶん混んでいた。会の前に少し時間があったので三愛ビルのRICHOギャラリーを覗いてみた。各界のリコーファンの作品が展示されていて、作品と人となり(のイメージ)は一致するようにも思われた。新しいGXRの50ミリレンズで撮影された作品はデジタル的なイメージはなく古い銀塩写真の世界のように見える。すばらしいレンズのようだ。
 帰りに丸の内の逓信博物館で開催されていた滝平二郎氏の作品を見る予定にしていたが、開館時間に間に合わず。以前、朝日新聞の日曜版に連載されていたこともあってその作風はなつかしいものだ。昨年、石岡一高へ模擬授業で訪れた際に、滝平氏が石岡一高の前身である石岡農校の卒業生であることを偶然知ったことから、その作品は石岡あたりの風景や昔の生活が表現されていたことに気がついた。人物描写もすばらしく茨城の人たちの風貌がよく表現されている。(ということで今回は残念ながらポスターのみで)
R0011547_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.29

追いコン

夕刻LABIの和民で追いコン。3年生が企画してくれたが、私のゼミでは3,4年生が接する機会が少なく4月の記念館見学や卒論の中間発表会くらいしかない。このような少ない機会だったが、感心したのは3年生の「送る言葉」の中にきちんと中間発表会での4年生の発表態度や、それに触れて卒論を我が身のこととしてとらえることができるようになったことを述べてくれたことだ。4年生からは「答辞」がなかったことがちょっと残念だった。個人主義と単年度主義が私のゼミ運営の課題であることをあらためて感じ入る。

(新歓にひきつづき会場が和民だったが、けっこう賑わっていたなあ。それにしても3年生はたばこはやめた方が良いと思うよ。たばこのにおいは本人にはわからないものだし、せっかくの美肌の大敵であるのだよ。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.28

実験実習発表会

月曜日は3年生の実験実習(基礎・応用系)の発表会2回目で、秋学期のグループ実験は終了した。今年のグループ研究はオノマトペの音象徴性をテーマにしたものでなかなか面白い結果が得られていた。レジメもきちんと用意されていてよかったと思う。最近はプレゼン発表のスライドをそのままレジメとして提出する傾向があるが、発表資料とレジメはその性格が異なる。計量心理学的な手法をツールとして利用する、という点では難しい課題だったと思うが、発表には努力と準備の跡をうかがうことができた。欲を言えば結果についてさらにポイントをしぼってシンプルにプレゼンテーションできると完璧だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.21

Windows7

PCを使う仕事のひとつ区切りのついたところで、普段持ち歩いているVaio G3をVistaから7professionalへ更新した。一応ユーザーファイルをバックアップして、インストーラーを起動。「上書きインストール」の途中で二つばかりソフトの更新と削除を求められたが、それ以外はほぼ自動。従来PCのOSのアップグレードはいろいろ面倒な印象だったが、Mac並というか簡単になっていた。ただし、ノートパソコンのせいか、時間は相当かかる。夜、最後まで待ちきれずそのまま放置し、翌朝確認したので所用時間は不明だが、少なくとも2時間以上はかかっている。いろいろな設定は引き継がれている様子でいまのところ問題ない。ただ、デフォルトの画面デザインはけばけばしい印象でいまいち。

(追記 Wifi関係は再接続時の応答が良くなったようだ。あとはスリープからの寝覚めがマック並になってほしいが、こちらもVistaよりは若干改善といったところか。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.18

学期末

Rimg220216日、17日の学期末恒例耐寒耐久48時間トレーニングは日の出とともに。付属幼稚園の風見鶏。水戸市6時15分頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.04

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 元日は小学生に成長した甥3人と竹とんぼで遊ぶ。竹とんぼで「キャッチボール」をしたのだが、小学生ともなると遊ぶときにルールを決め、ちょっとしたゲームができるようになる。遊んでいるうちに新しいルールが考え出されていく。まず、時計回りでキャッチボール式に竹とんぼを飛ばす。そのうち、うまく飛ばせないときは三振ルールができ、手渡しで次へ、という具合だった。かれらのママも三兄弟にはだいぶ手こずっているようだが、どんなルールが形成されているのだろうか。三日目はスポーツクラブのプールに寒稽古はじめ(温水です)。いつもより混んでいた。
 東京新聞では元日から「常識・革命」という面白い連載が始まった。「従来の常識」と「新常識」を対比的にとらえた記事構成になっている。たしかにこれまで思い込んでいたことがらから、「新常識」へ転換し、思いがけない新しい可能性を探る動きはすでにいろいろな分野で起こっているようだ。

元日の夕日。
Rimg2147

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »