« 恩師 | Main | 大型プリンター »

2009.10.09

模擬授業

今日は午後から石岡一高へ模擬授業にでかけた。各高校で実施している進路指導の一貫で、大学の広報というよりは該当分野の入門・紹介の内容が期待されている。今回は県内の4大学から7分野に渡る先生方が来校されていた。石岡一高はJR石岡駅のすぐそばにあるが、毎日通勤でそばを通過しているが訪れるのは初めてだ。開学100周年という伝統校でもある。ときどきこのような行事で県内の高校を訪ねるのだが、大学へ入学してくる学生達の生活環境の一端を知る機会となっている。
 授業の始まる前に教頭先生、進路指導の先生のご挨拶があった。応接室には「切り絵」画家として有名な滝平(たきだいら)二郎氏の切り絵が飾ってあり、石岡一高の卒業生というお話をうかがった。授業を終えて、高台にある校舎をでると紫峰(筑波山)とあざやかな夕焼けだった。この空広く、大胆な雲と夕焼けのダイナミックだが怖いほどの景色は滝平氏の作風を育んだに違いない。毎日、校舎のある高台からこんな夕焼けの大きな空を眺めながら下校する高校生活というのはまさに「青春」そのものだなあ。

(写真は高浜あたり。下の写真は石岡駅にある獅子の時計台。)

Rimg23101

 

Rimg2294

|

« 恩師 | Main | 大型プリンター »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 模擬授業:

« 恩師 | Main | 大型プリンター »