« March 2009 | Main | May 2009 »

April 2009

2009.04.28

オフィスの不具合

HPのプリンターのドライバーを入れてからどうもMSオフィス(2007)の調子が悪い。前のバージョンのファイルを上書き保存(前のバージョンで)すると「一部ファイル情報が失われる」云々というアラートがでる。これまではオフィスファイルの下位互換問題には遭遇しなかったのだが、続行するとさらに別のアラートがでて、新しい書類が開かれる、といったような状況だ。実際にはファイルは保存されているようなのだが、オフィスの修正ソフトが明日にはでるらしい。(同じ頃にGoogle Chromeもインストールしたのでどれが原因なのかは不明。あるいは単に書式指定されたダウンロードファイルに問題があるのかもしれない。これにはいつも提出のたびに悩まされている。と、いうわけなので明日は300MBほどにもなるらしいがSPをダウンロードしてみよう。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.25

山桜

ソメイヨシノよりすこし遅れて山桜が咲き、散った花びらがきれいに構内を染めている。山桜は樹木により個体差が大きいといわれていて、開花時期が一斉でないところがおもしろい。木の背は相当高く、花を近くで見ることができないが、散った花びらもきれいなものだ。

Rimg0324

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.24

Google Chrome

Google Chromeをダウンロードして使ってみている。デザインはシンプルですっきりしている。これまで使っていたFirefoxと比較すると、起動、画面表示とも明らかにChromeの方が速く快適だ。Google依存度が高まりそうだが、しばらく使ってみようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.22

タンポポ

さわやかな初夏の候。午前中、D棟前の花壇で見かけたタンポポの花にくるまれたトノサマバッタ(?)の幼虫。すでに立派な触角とバネのありそうな後ろ足をそなえている。

(Ricoh CX1のダイナミックレンジダブルショットモードになっていたため2枚の撮影の間に時間差によるぶれが見られる。一部をトリミングした。)

ネットでしらべてみたところ(写真家・海野和夫氏の有名なサイト「デジタル昆虫記」)にはキリギリスはタンポポの花粉が大好きだ、と書いてあったことと、触角の長さからキリギリスの仲間のようだ。いま大学構内にはヤエヤマブキが咲いている。花を見ていたら少し大きくなったキリギリス?が黄色い花のなかにくるまれていた。黄色い花の花粉は同じような味がするのかもしれない。4/28

Rimg0298up_20090422_101017

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.18

Ricoh CX1

 CX1にはデジタル写真の新しい技術がいろいろ導入されていて、おもしろいカメラだと思う。生態写真家海野氏などの人気サイトでもよく取り上げられている。最初に試してみようと思ったのが、フォーカス・ブラケットで、これはピントを7カ所判定して連続撮影するものだ。接写をしているときにはどうしてもオートフォーカスでは目的のところにピントがこないこともあるため、オートフォーカスの弱点をソフト的に補うものだ。植物や昆虫など動く被写体を撮影するときによさそうだ。
 もう一つはダイナミックレンジ・ダブルショットモードで、人の目にくらべると一枚の写真としてデジカメで再現できる光の幅ははるかに小さいため、ハイライト部分とシャドー部分にあわせた2枚を撮影し、それらのデータを合成するものだ。だいぶ前にサンヨーのデジカメでこの手法で画素数を上げる機能があったが、データ処理が早くなってさらにいろいろなことがソフト的にできるようになってきているのであろう。最近のデジカメは動画や高速度撮影などに大きな進展が見られる。
 レンズは28ミリ~200ミリのズームレンズ、手ぶれ補正もかなり強力なものだ。センサーはCMOSに変わったということか、はっきりくっきりした像が得られる。ただ、日中マクロ写真を撮ることが多いので、液晶画面が明るい場所でもう少し見えるとよいのだが、と思う。

ダイナミックレンジ(強)と(微弱)の例。「強」の方が諧調がよく残されている。
Rimg0284Rimg0287

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.16

新緑

風薫る月のようなさわやかな陽気となって、はやくも初夏の趣。昨日の雨に洗われて構内の白樺林も新緑がまぶしい。Rimg0265

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.14

そろそろ北にかえるころだと思うが、構内中庭の小さな池で鴨を見かけた。色合いや動作がかわいらしい。偕楽園そばの池にはたくさんの鴨をみかけるが構内でみたのは初めてだ。ホワイトラブ(ハナミズキのなかま?)の花の下のベンチで身繕いをしている二羽の鴨。午後から雷雨で、ひさしぶりのまとまった雨模様。

(ネットで調べてみたらカルガモに似ている.。渡りはしないで通年生息しているらしい。)

Rimg0258

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.09

テントウムシ

本部等横手のミツバツツジ(の仲間?)がきれいに咲いている。ちょうどテントウムシがとまっていた。今日は気温が一気にあがり蝶や昆虫の活動も活発になってきている。

Rimg0202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記念館見学

 今日から春学期の授業開始。履修者はまだ確定していないが2限目の知覚心理学はちょうどよい受講者数。午後からはゼミ生と学園の歴史を知るために大学の記念館を見学した。私立大学にあっては「建学の精神」はやはり創立者の志にある。子女の自立支援教育をめざしたメッセージは女子学生の多い今日でも心を打たれるものがある。小さい記念館だが、ビデオや展示によってそのことがよく伝わってくる。

 今回は満開の桜山を横手にみながら大学から歩いていった。見学のあと宅配をたのんでいたモスバーガーをみんなで食べて、現地解散。大学に戻り卒論のクラスへ。今年はやや人数が多いので一昨年のように二つのグループにわけて4限と6限で実施することにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.08

夜桜

午後からアドバイザリークラス毎にテーブルに分かれてささやかなランチパーティで新入生歓迎会。初めてあった学生達だったが、大学生活の抱負をそれぞれ自分の言葉で話してくれてとてもしっかりした印象を持った。テーブルには新3年生も着いてくれて、話もはずみ楽しい会になったと思う。
夕刻から断続的に会議が終わったあと、ちょうど満月の中に映える夜桜を楽しむことができた。このところ花鳥(風)月を愛でることができた、ぜいたくな春。

Rimg0176

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は大学構内の体育館で入学式。春らしい陽気に恵まれ、図書館横の桜はちょうど満開。桜の花の蜜を吸うヒヨドリが来ている。ウグイスの鳴き声も上達していた。桜の花弁が桜木のあたりに散っていることがある。「スズメの贈りもの」、と呼ばれていることを最近になって知った。しばらく見ていたが、ヒヨドリはそのような行動はとらず行儀よく蜜をすっているようだった。
Rimg0091










この桜が構内では一番古いものだろうか。ちょっと怖いような迫力ある枝振りである。

Rimg0109

D棟横手の桜も満開で、春爛漫。
Rimg0119

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.04.04

そば処「麦屋」

大学、研究科、短期大学と三つの入学式は好天にめぐまれ無事終了。夕刻、昨年度からもちこしになっていた委員会の慰労会に出席した。会場はグルメなMさんのおすすめで水戸市の郊外にある「麦屋」という風情ある蕎麦屋さんだった。委員会の職員教員ともほとんど参加してにぎやかで楽しい会となった。若い人の活力はすばらしい。「一炊の夢」かもしれないが、今日は楽しむことにしよう。
R0010848

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »