« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

2009.02.26

一太郎2009

さっそく「一太郎2009」をインストールしてみた。旧バージョンは2007だったが、それと較べても応答がとても良くなっているように感じられる。ATOKも新しくなって、英語綴りの入力などの特徴もあるようだ。PCでは漢字入力が大きな壁になってきたのだが、反対にそれを克服する過程で、日本語入力のための漢字変換ソフトは大きな可能性をもつようになってきた。今後ともいろいろおもしろいソフトがでるのではないだろうか。と、いうわけで縦書き原稿にいそしんでいるのだが、残念ながら個人の作業に限られるのだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

縦書き

 先日ひさしぶりに縦書き原稿の校正をする機会があった。日常の書類はほとんどワープロ横書き(しかもワード)だったので、むしろ新鮮な感覚だった。文字バランスの良い縦書きは非常に読みやすいことを再認識した。原稿段階でも縦書きの方がよさそうだ、と思い立ちすこし前の「一太郎」を使ってみている。「一太郎」は縦書き印刷の文字バランスが良さそうなので新しいバージョンを買ってみようかと考えている。縦書きの場合英語や数字が混ざる文章では問題がありそうだが、考えてみると今は日本語表示を横書きのアルファベットに無理にあわせている、ともいえそうだ。縦書きはワープロでは関係ないが、手書きの場合、横書きよりも左利きの人にハンディが小さいように感じられる。
 私はどちらかというと漢字制限論に共感しているが、今日の「その時、歴史が動いた」で間宮林蔵は間宮海峡を渡り清国のお役人と漢字で筆談をした、というようなエピソードを知るとやはり漢字文化圏の偉大な財産というようなものも認めざるを得ない。また、同じ番組で伊能忠敬は56歳で家督を譲り、江戸にでて天文学を本格的に学びはじめ、日本で最初の測量地図を作ったのは「地球の大きさを知りたかったから」という話を聞いて、いたく感動した。最後にジョン万次郎が登場したのだがそのあたりは見ることができなかった。今日の番組のテーマはさまざまな「壁」をのりこえようとした人々の歴史ということのようだった。

(補)伊能忠敬は訓練した人間の歩幅の平均値をとって測量したということだが、その結果得られた地図ははきわめて誤差の少ない正確なものだった、というエピソードも心理統計でつかえそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.25

雨水

このところ雨模様。暦どおりの雨水の頃の梅が枝。気温は低いものの、たしかに冷たい雨ではなくなってきた。(構内中庭のしだれ梅)
P2250104

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.19

白梅

梅の花ではやはり白梅の清楚な趣がよいなあ。アドミッション横手の白梅。

P2190094

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.17

宵の春

寒も戻り、貴重な宵の春。夕刻の梅の風情はすばらしいが、それをとらえるのはなかなか難しい。明日もう一度トライしてみよう。
Yorunoume2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.10

しだれ梅

今年は構内中庭のしだれ梅があっというまに開花。今は三分咲き程度だろうか。上品な梅の香りを楽しむことができる。入試(A日程)を終えて、一息ついたところだが、年度末でなにかと慌ただしい。春の日差しをむかえ、毎年梅はきちんと居住まいを正しているのだなあ。
Shidareume2009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.05

出張

今日は勤務校の入試で宇都宮に出張。「大人の休日」ではありません。宇都宮駅は「駅弁」発祥の地らしいということで、駅弁にしよう、ということになった。私は当時のものを現代風にした「汽車弁当」にした。水戸駅の「おむすび弁当」も気に入っているが、宇都宮のはゴマと赤かぶ漬け?のまぜごはん。シンプルでごはんそのものがおいしいものだった。
Kisahabentou1 Kishabentou2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.04

卒論発表会

雨と寒のゆるみで構内のしだれ梅も二分咲きほどになってきた。午後から卒論発表会。3部構成で90名近い卒業生がそれぞれポスター形式で発表した。ことしは会場が適当なところが予約済みということでやむなくF棟ラウンジで展開。手狭だったが、かえって盛況でよかったのかもしれない。私のゼミは今年は6名が発表した。ポスターも手が入れられ中間発表のときより格段に改善されていた。

Happyoukai2009

発表会の合間をぬって、懸案だった調査をほぼ予定数実施することができて、年度末におしよせてくるToDoのひとつはともかくメドがたった。

夕方から学科全体の追いコン。学科所属人数は増えたが手作り感覚は健在のようだ。「お疲れさま」というか、みんな疲れていたのだろうか。ともかくおめでとう。

Happyoukai2009b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »