« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

2008.08.26

「君の身体を変換してみよ展」

 東京オペラシティにあるNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)の「君の身体を変換してみよ展」(ICCキッズ・プログラム2008 佐藤雅彦研究室+桐山孝史研究室 東京芸術大学)のことを新聞記事で知り、見に行ってきた。NTT ICCでは「アート&テクノロジー」という新しい作品展などが開催されてきているようだ。夏休み企画ということか、「変換してみよ展」では心理学の教科書でもおなじみの実験を素材としたおもしろい作品が展示されていた。
 「点にんげん 線にんげん」はJohanssonのbiological motionの実験そのままモーションキャプチャしてリアルタイムで大型スクリーンに投影するものだが、見学に来ていた子ども達は大喜びでとんだりはねたり、天性のダンスの才能を示していた。心理学の実験を素材にしたものとして成功していると思う。
 「伸びる腕」は視覚と触覚の通様相的な錯覚を利用したもと思われるが、こちらはまだまだ改良の余地が大きいように感じた。
 「ミクロ職人修行」など視覚能力を拡大して練習することで指先感覚の繊細さは視覚感覚をしのぐことを体験するもので、体験していた子ども達も自分の触覚の能力を知って驚いていた。このほか6つほどの展示だったが、心理学実験を素材とした作品展として洗練されたものだった。
 これらの作品を見ていて、心理学とアートの新しい分野が成長しつつあることを感じるとともに、アートとテクノロジーそして心理学の結びつきはもっといろいろな応用的展開が可能であることを実感した。
 なお、新聞記事の紹介(朝日新聞 「文化」 8月17日)では「作品の背景には認知心理学と行動分析学の知見があり」、との記載があったが、これらについては展示会場には具体的な解説はなかった。

Dsc01095

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.23

docx

とうとうやってきたかdocxファイル。夏季セッションのレポートが送られてきた。研究室のPCにはOffice2007をインストールしているが、もっぱら「互換モード」で使っていた。いまのところ、新しいファイル形式からはあまり恩恵を受けることはなく、複数のファイル形式が混在することになるだけだなあ。とりあえず自宅のPCにはファイルコンバーターをインストールした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.16

エンジョイ・ベースボール

今年の夏の甲子園にはひさしぶりに母校が出場した。実は歴史の古い高校で、通算では出場回数もかなり多い。高校生のころはそれほど応援しなかったのだが、故郷から離れて暮らしているということかついついテレビ中継にかじりついてしまい、地元の紹介などなつかしく見た。残念ながら一回戦敗退だった。
 もう一校応援していた高校は以前から「エンジョイベースボール」という本を読んで新しい野球、というか学生スポーツのあり方に関心し、注目もしてきたチームだ。監督は「泥臭い野球をやりたい」といっていたが、これまでの戦いぶりは洗練されたもので落ち着いたプレーで安心して見ていられた。今日の準々決勝が山と思っていたが残念ながら惜敗。
 練習の仕方も昔と今では変わっているのだろうが、高校のころ、母校のチームで関心したのは県大会で敗れた翌日からいつも通りの練習をしていたことだ。甲子園を去ったかれらもまた練習を始めるのだろう。野球を楽しむために。
 さらに昔の話になってしまうが、近所の同級だったSちゃんのお母さんが高校野球の大ファンだったが、その気持ちが少し分かったような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.11

プリンター

 このところプリンターの故障に悩まされている。研究室の複合機2号(HPのall-in-one 型で、2年前に購入)、1年半ほど前に購入したレーザープリンター(富士ゼロックスの小型タイプ)、、さらに、自宅の複合機1号(HPの初期のもの)という具合である。
 複合機2号はまったく立ち上がらなくなってしまった。複合機1号は比較的長く使ったのでまあやむを得ないか。レーザープリンターは紙送りの不調でほとんど使い物にならない。二度目なので湿気の問題ではないと思う。
 モノは壊れることはしかたないのだが、困るのは「修理」である。メーカーは最近ではどうも修理するつもりはないようだし、実際個人用のプリンターは安価なこともあって買い換えの方が合理的なようだ。しかし、勤務先の会計基準では価格によらず「備品」登録したモノは簡単に買い換えできないようだ。ペーパーレスでエコ状態となっているが、これはやはりなにかと不便なものだ。自宅用はともかく買い換えなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.08

立秋

定期試験の採点や集中講義などを終える。キャンパスは盛夏の景色だが、暦はもう立秋ということだ。写真ではなかなか盛夏の風情を出せないのだが、強い日差しのなか、中庭の白樺林では蝉が鳴いている。夏の輝きをもうしばらく。

Img_0749

午後から卒業生のNさんが訪ねてくれて、結婚式の写真などを見せてもらう。幸せそうでよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ICP

国際心理学会の様子はこちらが情報豊富でおもしろい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »