« 地震 | Main | 書架の増設2 »

2008.05.18

水着

 競泳界ではスピード社の新型水着が話題になっている。これまでは水の抵抗を少なくすることが主眼だったようだが、これに加えて体型そのものを流線型にする「流線型ギブス」のようなものになっているらしい。ニュースによると、これまでの水着ではどうしても生地に水を含んでしまうため、それがかなりの「重り」になっていたが、新型水着の素材は水をほとんど含まず、この分軽くなるとのことだ。これと体型矯正で相当の効果がでそうだ。最近の泳法はいかにして抵抗を少なくするかが苦心されているし、水の抵抗との戦いの結論なのだろう。水着で体型そのものを矯正するというのは発想の転換だ。水着についての規則は特に定められていないようなので体型が変わること自体はドーピングとも言えないのだろう。日本男子選手は伝統的な赤フンで、というわけにもいかないだろうし、やはり新型水着を使いたいだろうと思う。
 また、陸上競技ではアンツーカーの性能向上で記録が伸びている面もあるように、プールの水そのものにも「改良」は可能なのだろうか。

|

« 地震 | Main | 書架の増設2 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 水着:

« 地震 | Main | 書架の増設2 »