« よく読むサイト | Main | マウス Mac Plus »

2008.01.16

マウス

 今年の干支は子ということで、身近なところではほとんど毎日使っているマウスをまとめてみることにした。wikipediaによるとコンピュータのポインティング・デバイスとしてのマウスを発明したのはダグラス・エンゲルバートとされているようだ。
 写真はLogitec社のエンゲルバート記念モデルでサインが印刷されているものだ。数年前にMacとWindowsで使っていたものである。レーザー式で、無線通信式ということで当時としては最新型だったことと、マウスの考案者の名前が入っているということで購入したものだ。このためマウスを象徴するしっぽ(ケーブル)は本体にはついていない。独特の形状で精度も高く使いやすいものだったが、無線ベース部分(下の写真)は今日の基準では巨大なものに感じられる。今日のマウスをつかったユーザーインターフェースが一般に普及したのはもちろんMacintoshによるものであろう。マックではオリジナルのマウスとは異なり1つのボタンに単純化されたものであった。最近のマウスは多くのボタンがあって、それぞれ特別な機能を割り振るようになっているものも多いが、UIの「欠点」を補おうとしているものであろう。

Dsc00679_2





Dsc00680



 

|

« よく読むサイト | Main | マウス Mac Plus »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マウス:

« よく読むサイト | Main | マウス Mac Plus »