« これから論文を書く若者のために | Main | 運転免許証の更新 »

2007.04.08

カンタン・クロール

 先週、新聞サイト(朝日コム)で水泳の国際大会のニュースを見ていたところ、「トータル・イマージョン社(テリー・ラクリン)の「魚のように泳ぐ」カンタン・クロール」というDVDの広告があった。サンプル映像があったのでさっそく見た。通っているプールで同じような泳法で泳いでいる人をみたことがあって、偶然なのかサンプル映像でみた泳法と同じにように見えた。水しぶきのほとんど上がらない非常にゆったりリラックスしたクロールで、どうしてあんな風に泳げるのか不思議な感じがしていたものだ。
 DVDを取り寄せてみたところ、このクロールで推進力を得ているのは「手でかく」(ボートのオールのように)ことによるのではなく、身体をバランスさせながら「手を入水させる」ことで(身体全体で)推進力を得る泳法のようだ。
 さっそくプールで試してみた。トータル・イマージョン式のクロールにはほど遠いものだが、「手でかく」ものと思いこんでいたクロールと比べて、たしかに楽に泳ぐことができそうだった。
 理屈はよくわからないのだが、直感的には和船の櫓(ろ)のこぎ方を連想した。ネットで調べてみたところ、和船の櫓は、力学的には非常に効率がよいものなのだそうだ。

|

« これから論文を書く若者のために | Main | 運転免許証の更新 »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カンタン・クロール:

« これから論文を書く若者のために | Main | 運転免許証の更新 »