« 卒論発表会 | Main | ハミル館のパヴロフたち »

2007.02.03

「二番目に向いた職業」

分野は違うけれど、研究生活のさまざまな話題が取り上げられているとてもタメになる「柳田充弘の休憩時間」というブログを呼んでいたら、「自分探しの旅」をめぐるおもしろいことばがあった。

「人間は二番目に向いた職業で人生を送ると言うのが大変気に入って、いつもそんなことをいってたものでし た。自分にとっても研究者は二番目に向いた仕事とおもっていて、何が一番自分に向いていたのか、この年になってもときたま考えたくなるものでした。それがフランスの小説家プルーストの言葉だと知ったものでした。」

柳田氏は世界的なビッグネームで傑出した研究者であるという。それだけに、このことばは「自分探しの旅」路のなかでときどき思い起こしたい言葉だと思う。

|

« 卒論発表会 | Main | ハミル館のパヴロフたち »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「二番目に向いた職業」:

« 卒論発表会 | Main | ハミル館のパヴロフたち »