« 898グラム | Main | パーソナルコンピュータによる心理学実験入門 »

2006.12.24

冬の会

 昨日はセンター入試監督説明会のため登校。昼休みに4人でI先生おすすめの河田町の一久というおそばやさんへ。ふっくらとしてこしのある打ち方のそばでひさしぶりにうまいそばを満喫することができた。大学から車で10分ほどでそれほど遠くないところなのだが、車がないとなかなか立ち寄ることはできないのが残念だ。
 説明会終了後、2000年度の卒業生3人と「五鐵:夢境庵」でミニ同窓会。先日ゼミで言語聴覚士の仕事の紹介をしてもらったHさんのお礼をかねてひさしぶりの会だ。在学生にとっては卒業後の「先輩」を知ることはやはりおおきな刺激になるようだし、同級生にとってもお互いによい励みになっているようだ。WさんはYゼミだったがいまは医療ソーシャルワーカーの仕事をしている。Wさんにもゼミで話をしてもらえるように頼んでおいた。
 Hさん達が在学していた頃は専攻定員は30名と少なく、授業などもほとんど同じで、お互いによく知っていたように思う。やはり専攻としての当時の規模は丁度よかったと思う。Hさん、Wさん、Sさんとそれぞれの卒業後の進路は異なるが、三人とも社会人として成長したように感じた。3人あつまると大学のころのいろいろな思い出話がでておもしろい。私の授業のあるエピソードが詳細に記憶されていたのにはすこし驚いたが、仕事をするようになってその必要性を痛感しているということだった。「勉強しておいてよかった」となれば本当は一番よいのだが、将来必要になったときに独学できるように基礎を提供しておくことが大学の授業でせめてできることなのかもしれない。ということでなごりはつきないが冬の会はここらでお開きということに。

|

« 898グラム | Main | パーソナルコンピュータによる心理学実験入門 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 冬の会:

« 898グラム | Main | パーソナルコンピュータによる心理学実験入門 »