« 卒業生I君 | Main | 記念館竣工式 »

2006.11.20

刀削麺荘

先週末、夕刻、ほぼ季節毎に集まっている友人達と会食のため有楽町の刀削麺荘へでかけた。都内に9店舗ある「西安大衆料理」店である。辛い(ラー、日本の唐辛子ほどでなくまろやかな辛さ)、しびれる(マー)、甘辛風、スパイシーな味付けでどれも味こいめだがうまい。スペアリブの黒酢ソース、スパイシーなシシカバ風串焼きとか、単純な青菜炒めもうまかった。さっぱりしたところではキュウリのニンニクソースも気に入った。仕上げは、店の名前にもある刀削麺で。厨房で、粉をこねて巨大なかまぼこ状にして、パレットのようなヘラで麺を削り出している様子が見えるのもおもしろい。麺はうどんのようなモチモチ感があって、削りだしているため縁がぎざぎざざらついていて「辛いしびれる甘い」スープがよく絡む。厨房は中国語が飛び交っていて万事がおおざっぱだが、出てくる料理はどれもだいたんでおいしいものだった。先月Sさんに教えられて始めていった小川町店ではあやとりをするように麺をのばしていた。麺をつくるパフォーマンスもおもしろいし、インテリアもエキゾチックな店だ。紹興酒も甕だしで旨口で料理にあう、ということでスパイシーな味付けのすきな人にはおすすめできます。
Toshomentei

|

« 卒業生I君 | Main | 記念館竣工式 »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 刀削麺荘:

« 卒業生I君 | Main | 記念館竣工式 »