« 夜霧 | Main | 刀削麺荘 »

2006.11.10

卒業生I君

 今日のゼミでは一時帰省中の卒業生I君をゲストに招き話をしてもらった。I君は(ときどきこのブログに登場するが)卒業後、I大学の大学院、H大学大学院に進学して学位を修め、現在はポスドク研究員という立場だ。本学出身者で外部の大学で学位をとったのはもしかするとI君が最初かもしれない。
 学会のあと帰省していてちょうど良かったので先週のHさんに引き続いて現在の研究の紹介、他大学の様子など話してもらった。研究の話のあとに、いくつかの大学で学んだことから、本学の(在学中には気がつかなかった)「良さ」や「いまいちのところ」がはっきりわかるようになった、ということで三つの大学の特徴をおもしろく話してくれた。
 本学の良さは「心理学の全般を偏り無くカバーしていること」にあって、他の大学では分野にバランスを欠いているという。これは設立時からわれわれがこころがけてきたことでもあり、その点をわかってもらえてちょっとうれしかった。I君が卒業してからはややこのバランスを失うところが出てきているのであるが。砂漠では砂と水の区別がつかない、という。そのような状態をつくりださないことが大事だとあらためて思う。
 ゼミのあと研究会にも参加してもらい調査についていくつか意見交換することができた。こちらの調査もそろそろ煮詰まってきたので、実施準備の段階に。
 お礼に、ということでちかくの鮨Kで、研究会からも3人参加してくれてミニ接待会。

|

« 夜霧 | Main | 刀削麺荘 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 卒業生I君:

« 夜霧 | Main | 刀削麺荘 »