« リコール | Main | 合宿 »

2006.08.29

くじら島

週刊文春(8月31日号)の表紙は海に浮かぶ島を描いたものだった。なにか親近感を覚え、すぐに見たことのある島にちがいないと思った。作者の「表紙はうたう(和田誠氏)」(158ページ)によるとやはり鳥取の砂丘の沖合にある「くじら島」を描いたものだった。その特徴的な形から子どものころからみんな「くじら島」と呼んでいたように思う。正式には「海士島(あまじま)」ということを記事から思い出した。
 偶然だが、英文朝日(International Herald Tribune, The Asahi Shimbun)の24日付け一面には鳥取砂丘の保全運動についての記事がのっていた。カラー写真付き。
 私が子どもの頃は砂丘地区ではむしろ砂との戦いで、防砂林や植樹がひろく行われた。しかし、砂のコントロールができるようになると、これが行き過ぎて砂丘が痩せてしまい、観光資源としての価値を損なうようになってしまった。そのため再び防砂林が縮小されたと記憶している。最近では河川や海岸の護岸工事によって川から運ばれてくる砂の流れがかわってしまい全国的に砂浜が消失している。鳥取砂丘もそのような影響を受けているようだ。
 山陰の夏の海の印象というと文字通り「白砂青松」である。バスに乗って海に行くと突然視界が開けて松林と白い砂のむこうに青い海が見えてくるポイントがあって、なつかしい思い出だ。まだあのポイントは残されているのだろうか。
 砂丘関連では、さらに、今日の朝日新聞に鳥取大学砂丘研究所で行われている砂漠化防止についての研究の意義が取り上げられていた(私の視点、国連砂漠化対処条約事務局長 ハマ・アルバ・ディアロ氏。原文は29日付ヘラルド朝日に掲載)。

|

« リコール | Main | 合宿 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くじら島:

« リコール | Main | 合宿 »