« エンジョイ・ベースボール | Main | リコール »

2006.08.04

集中講義

ここ数日やっと盛夏の候。大学院の集中講義を終える。今回は3名の受講者で、心理統計の講義なので一昨年度より新しくなった電算実習室で行った。ゼミなどでつかうのに丁度よい大きさだが、難点はホワイトボードが小さいので「板書」を参照しながら話ができないことだった。すくなくとも三倍の大きさがほしいなあ。
 例年、統計的な方法についてはSPSSの実習をしていたが、ことしは小塩真司氏の「SPSSとAmosによる心理・調査データ解析:因子分析・共分散構造分析まで」東京図書2004を使用した。SPSSのマニュアル本はたこ足配線型の構成のものがあったが、教科書としては体系性がなく使うことができなかった。その点、小塩氏のものは心理学やその関連分野でよく使われる手法について必要な事項が簡潔にまとめられていると思う。

例年、受講生の研究法や統計についての予備知識、また研究上の必要性もさまざまであるので、講義内容は本当に基本的な事項についてのみである。今後の復習の便や、マニュアルとしても使えることを考えると教科書にしてよかったと思う。

|

« エンジョイ・ベースボール | Main | リコール »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集中講義:

« エンジョイ・ベースボール | Main | リコール »