« 鯉のぼり | Main | 「科学者という仕事」 »

2006.05.01

からくり儀右衛門

注文していた「マンガ 大江戸パワフル人物伝」(草土文化社)シリーズの「アイデア連発!大江戸のハイテク王 からくり儀右衛門」(小和田哲男(静岡大学)監修・マンガ・富士鷹なすび)が届いていた。いまになって儀右衛門が実在の人物であったこと、当時としては驚くべき多くの発明を行っていたこと、東芝の前身となった田中製作所(後の芝浦製作所)の由来などを知った。こどものころから工作に夢中で現在の学校教育にはエジソンと同じようになじまない人物だったと思う。このような才能を現在の教育制度は受け入れることができるだろうか。あるいはこのような人物をはぐくむことができるだろうか。独力で考え、工夫し、いくつになっても新しい技術や知識を旺盛に学び、とりいれていたことには驚くほかない。

オイ一号はそろそろこのようなマンガを理解することができるだろうからさっそく送りつけることにしよう。このシリーズはほかに江戸時代に活躍した伊能忠敬、葛飾北斎、近松門左衛門、吉田松陰、シーボルトお稲が取り上げられているようだ。これらもおもしろそうだ。さっそく読んでみることにした。

|

« 鯉のぼり | Main | 「科学者という仕事」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference からくり儀右衛門:

« 鯉のぼり | Main | 「科学者という仕事」 »