« 世論調査 | Main | 梅ほぼ満開 »

2006.03.10

工藤公康氏の食事

 工藤公康「42歳で146km」の真実:食卓発の肉体改造(黒井克行著、講談社+α新書、2006)を読んだ。あるサイトで紹介されていた本で、タイトルどおり工藤選手をささえる工藤夫人の「心理学的栄養学」の内容の本。意外なことにその秘密は「粗食」にあるようだ。ただし、素材はそれこそお金に糸目をつけず吟味されたものであるが、食事そのものはお米と野菜を中心にしたむしろ日本の伝統食に近いものであった。ジャンクフードも時には食べたり、「栄養学」にかたくなにこだわるのではなく体調によって柔軟にメニューを変えたりといった点が「成功」の理由だろう。最適な食事メニューには工藤選手の生い立ちから試行錯誤的に選択されてきたものだが、個人差の大きい栄養学的ゴールに至るには多数の経路があるようだ。

|

« 世論調査 | Main | 梅ほぼ満開 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 工藤公康氏の食事:

« 世論調査 | Main | 梅ほぼ満開 »