« 昔の大学評価 | Main | 世論調査 »

2006.03.05

江戸の学び

 江戸東京博物館で「江戸の学び:教育爆発の時代」展が開催されている。見にいきたいのだが、学年末でなかなか時間がとれない。新聞広告にこの展示とタイアップした「図説江戸の学び」(市川寛明・石山秀和著 河出書房新社)が出ていたのでさっそく購入した。
 「寺子屋」の生徒や先生のいきいきとした図版が豊富で見ているだけでも楽しい企画である。ひとことで言うと「おおらか」という印象である。寺子屋は単にリテラシーを教えるもっぱら実用目的のみの私塾だというように考えていたのだが、これは誤解であるようだ。学習の仕方や教え方、師弟関係など独自性ゆたかできわめてすぐれた教育であったと思われる。今日においても示唆に富むものである。展示は26日までということだから来週はなんとか実物を見に行きたい。

|

« 昔の大学評価 | Main | 世論調査 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸の学び:

« 昔の大学評価 | Main | 世論調査 »