« 銀杏 | Main | ミニ送別会 »

2005.12.02

高校訪問

 水戸市内のM高校の進路指導のための出張講義に出かけた。一年生を対象としたもので、最近は各高校で(昔に比べると)早期にこのような指導を行っている高校が多くなっているようだ。担当のA先生はしきりに「現2年生からは新課程(いわゆるゆとり教育)育ちで、それ以前の生徒とは別の高校かと思うくらい違うのです」と言われる。
 M高校は伝統校でもあり、校内の雰囲気はきちんとしている。出張講義の90分ほどではとくにそのような差を感ずることはなく、大半の生徒はメモをとりながら熱心に話を聞いてくれたと思う。進路選択の資料にということだったので、「社会の中の心理学:心理学の仕事のカタログ」を中心に説明し、後半あらかじめ寄せられていた質問に答えるという形式で進めた。あらためて心理学の仕事は学際的・業際的性格が強いことを感じ、大学でもこのような情報提供をしていくべきと思う。
 毎回このような講義に出かける際には、高校生のときには高校での勉学が将来の可能性を広げるための一番の力であることを強調しているのだが、「将来の目標を明確に説明せよ」、などと入試面接で迫られているいまの高校生はちょっと気の毒である。

|

« 銀杏 | Main | ミニ送別会 »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高校訪問:

« 銀杏 | Main | ミニ送別会 »