« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

2005.08.27

「はい、泳げません」

 高橋秀美 「はい、泳げません」新潮社2005
このところなんとか週二回はプールに通って少しずつ水泳の練習をしている。通っているスポーツセンターには有料の水泳教室もあるのだが、いろいろな本を読みながら独学で。先月来この本を読んでいる。この本は教練本ではなく、成人クラスの「桂コーチ」の指導法を題材にして、高橋氏がもっとも新しい(イアン・ソープ選手のような)クロールで泳げるようになるまでを描いたエッセイである。それですべて「桂コーチ」の言葉で水泳のコツが語られ、それを高橋氏が解釈しながら、体得していく過程が語られていく。コツの表現もおもしろく、これを参考にしてプールで試してみたりしているのだが、これがなかなかうまくいかない。「水をおさえるんです。水をおさえて、体重移動で前に進むんです。」
 と言われてもまだよくわからない。「桂コーチ」はまた、「水の中では何も考えてはいけない」とも言う。ともかく、高橋氏は2年ほどかけてイアン・ソープ選手のようなゆったりした美しいクロールを体得されたようである。独力だともっとかかるかもしれないなあ。
 古式泳法の話も出ていて、アマチュアで古式泳法とクロールで競争したところ古式泳法の方が勝ったらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.24

福鮨

 ながい間気になっていた福鮨という店に、先日始めて行ってみた。柏駅前の丸井VAT館並び(丸井本館連絡通路側)。カウンターとテーブルの小さい店だが、店内はすみずみまできちんとした印象だ。柏では古い店らしい。ランチのにぎりセットにしたが手抜き無く、江戸風の「仕事がしてある」鮨でうまい。すし飯も甘くなく、黒酢か赤酢で甘くなくすっきりしている。あらの潮汁もすっきり、端正な味わいだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.23

科学哲学

 水戸は午後から雷雨。あがったあとかなり涼しくなった。
 ここ数日、戸田山和久(著)科学哲学の冒険:サイエンスの目的と方法をさぐる NHKブックス2005を読んでいた。センセイと(理系学生の)リカさん、(哲学専攻の)テツオくんの対話形式で書かれた科学哲学の入門書である。科学の方法から、認識、科学的説明、科学理論とは何かなど科学哲学の基本的な考え方がわかりやすく書かれている。すべて理解できたか心もとないところがあるのだが、心理学理論についても、それぞれ背景にしている科学哲学があることをおぼろげながら想像することができた。
 戸田山氏は名古屋大学の授業改善のガイドブックである「チップス先生」の著者(のお一人)でもあるが、その説明はとてもわかりやすい。対話形式の書籍の構成はとても難しいものとされているが、本書はそのきわめて良い手本であると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.20

入道雲

 昨日の午後、柏から筑波方面に見えた入道雲。まだまだ地上は夏の盛りだが、上空はかなり強い風が吹いているようで上層部分の雲は流れている。あのあたりが「成層圏」に接するところなのだろうか。夜には同じ方角で、盛大な稲妻が見えた。遠くのため雷鳴は聞こえなかった。水戸のタクシーの運転手さんから、北浦あたりでは水蒸気がむくむくと上昇し、積乱雲になっていく様子はダイナミックですばらしいものだ、という話を聞いたことがある。
nyuudougumo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.17

地震

 昨日の宮城県沖の地震は、柏でもそれほど大きくはなかったが長くが続いた。数年前の宮城県の地震の時と類似して、遠くでかなり大きな地震があったのではないか、ということを感じさせるものだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.14

放出品

 実験器具などの廃棄処分のため実験室を整理をしていたらこんな放出品がでてきた。まだ学生だったころ、ワンボード・マイコンがかなり安価に売り出され始めたころに勉強用に買った中古のテレタイプ式のターミナルの残滓。ある文字がプリントできない欠陥があったのだが、威勢のよい動作音から新しい時代の到来を実感(っておおげさだが)したものである。けっきょく、キイボードエンコーダーを自作してキイボードをとりかえ、プリンター部分も取り外してアップル・コンパチボードを内蔵して単なるシャーシーとして使用していた。高性能PCも容易に自作できるいまとなっては想像することもできない。
teletype

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の会

 先日、これまで夏季セッションの集中講義をお願いしていたM先生らと食事会。今年は、KU先生、H先生、Sさん、Kさんをさそいにぎやかな会になった。あらためて考えてみると、私も含めてHさん以外はM先生の講義を受けたことになる。私とKU先生が机をならべて受講したのはもうウン十年前、Sさん、Kさんは数年前ということで授業内容はかなり異なるものだろう。あとでI先生が合流。I先生も偶然M先生の知り合いということで何度かご一緒したが世間は狭いものだ。
 一度行ってみたいと思っていた「五鐵 夢境庵」という店にした。時間の都合で配膳のタイミングにはやや問題もあったが全体に旬の材料をつかった料理で、リーズナブル。部屋のインテリアは下の階のほうが「夢境庵」という名前の由来には近かったかも。
 参加のだれかが「夏の会」と名付けたのだが、なるほど良い名前だと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の花

本部棟横の「むくげ」と情報センター入り口の「ハイビスカス」。むくげは白い花とこのようなすずしげな薄紫色の花が次々と咲いている。ハイビスカスはいかにも南国の花というイメージだ。花の形が似ていると思ったら、むくげもハイビスカスも同じ「アオイ科フヨウ属」ということだ。
mukuge2005hibiscus2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.12

ドラゴンカメラ

 柏丸井ビルの中にあったドラゴンカメラが閉店して、駅からやや離れたところに移転になったようだ。はす向かいにビックカメラができてしまったことによるのだろうか。開店してから35年という古い店で、中古の(35mmフィルム)カメラを扱っていて、オリンパスOMシリーズなども良品がそろっていて、ときどき見に行くのが楽しみだった。デジカメ全盛のあと、これがきっかけになって銀塩写真の美しさに目覚める人たちも多くなるのではないかとも予想していたものだが、やはり中古市場のみではビジネスは難しいのだろう。
 大学の方は明日から一週間一斉休暇ということで、改修工事や内装工事が一斉に始まっていた。私もしばらくの夏休み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.02

学会

先週末は本学で学会。今年から日程が三日間になったことと、春セメスターが8月1日までくいこんでいるため初日は学外のホテル会場ということになった。持ち回り形式の学会運営は大学を訪れてもらう良い機会になっているが、海外学会のようにホテルや会議場を利用できれば運営上は多少負担が軽くなるのかもしれない。ともかく予想を上回る発表や参加があり、学生諸君の多大な協力もあり無事(?)終了。最近は予約参加でなく、当日参加者が増加傾向にあるようだ。
JABA2005

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »