« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

2005.04.26

迂回路

 鉄道の大事故があったばかりだが、今日は常磐線でも脱線事故があった。幸いけが人はごくわずかということだった。常磐線は通勤で長い間使っているが、脱線事故というのは初めてのような気がする。夕刻帰宅のため水戸駅に着いたのだが、復旧にはまだかなり時間がかかりそう、という情報だったので、一緒だったK先生と相談して高速バスで東京を経由して帰ることにした。K先生は海外でのフィールドワークの経験が豊かで、年齢的には私よりももっと年配だが、フットワーク軽い。二人ならいろいろ話をしながら帰れば時間もそれほど気にならないだろう。夕方まだすこし早めだったこともあり、すぐに高速バスに乗ることが出来て、常磐道・首都高もほとんど混雑無く2時間30分ほどで上野に到着。常磐線の快速でK先生は松戸まで、私は柏まで戻る。結局3時間ほどかかってしまったのだが、ニュースでは復旧したのが午後9時20分ごろ、ということで、常磐線の回復を待つよりは早く帰宅することができた。ということでまあ良い判断だったということにしておこう。
 夏には筑波エクスプレスが開通するので、このような非常時には水戸から筑波まで高速バスでいけばもうひとつの迂回路になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.15

sakura_2005aJPG
図書館情報センター横の桜の様子。今年の開花は例年よりかなりおそかったが、そろそろ散り始めといったところだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見

 sakurayama2005
桜山でみかけた花見の風景

 夕方ゼミで桜山へ花見にでかけた。途中、和菓子を調達して、公園内の東屋で「花よりだんご」。一番印象にのこっている花見はなんといっても春の嵐の中決行した「花見」だ。桜山の桜はすばらしいもので、山を見上げると文字通り「山笑う」という表現を実感することができる。ただ、花見は時機を得るのがむずかしく、ことしは天候は回復したものの花冷えだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.08

技術の進歩

このところ数年ぶりに歯科医に通っている。前回もそうだったのだが、今回も治療技術の進歩を感じた。今日は麻酔をかけた。前回はややチクッとする程度だったが、今回はそれさえ感じないほどで、効き目も速効性が高く、麻酔からの回復も早いように感じた。たまたま痛みの軽い場所だったのかもしれないが。最近ではドリルで削らない治療法もあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.04

入学式

hanatabaume20050403 昨日は大学・大学院・短期大学部と三つの入学式があった。おだやかな良い天気にめぐまれてよかった。短期大学の式で、来賓の方の祝辞があったのだが、かたりかけるように、親しみをこめて、わかりやすく、お祝いの気持ちがしみじみ伝わってくるすばらしいものだった。式次第も短期大学のスタイルがコンパクトで時間的にも丁度よいのではないかと感じた。
 午後おそく恒例の臨時教授会。そうこうしているうちに夕刻となってしまった。昨年は桜の開花が早く、入学式までもつかどうか気がかりだったが、今年はまだまだ梅の花が咲いている。春の夕刻。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.01

新学期

ume_mankai 今日は教職員の辞令交付式、在学生ははやくもガイダンスが始まった。学内はこの春休みに大幅な改装工事がおこなわれて新しく明るい雰囲気になっていた。工事中のIT棟もほぼ完成したようだ。情報センターも改修され、あたらしくカフェができたり、ホールも明るくきれいな内装になっていた。新しい大学はいつもどこかで工事が続いている。一期生が自主的に発行していた学内情報誌はたしか「キャタピラ」と名付けられていたなあ、とふと思い出した。草創期の卒業生はキャンパスの変貌におどろくことだろう。
 今年は梅も遅咲きで、いま満開のものもあり、まだまだ梅の香りをたのしむことができる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »