« 入試 | Main | オープンキャンパス »

2004.10.07

TegakiLink

 ゼミでは卒論のテーマを選ぶために小発表会のつづき。Kさんの記憶に関するテーマの話に関連して、講義の時に学生はどんなところをノートにとっているのだろうか、ということを考えながら聞いていた。授業では「板書」はパワーポイントでしているのだが、学生はパワーポイントを写しとる作業で手一杯の状況のように見える。肝心の内容はその間に口頭で説明している。これは改善しなければならないが、パワーポイントファイルを印刷して配布するか、スマートではないがパワーポイントに「板書」情報をもっと書き加えるべきだろうかべきだろうか。
 このあたりはやはり黒板に手で板書していくテンポというかリズムが適切なのだと感ずる。最近文房具店でみかけたパワーポイントファイル等(一度、変換が必要らしい)に手書きで上書きしたり、単にホワイトボードとしても使えるようになっている電子ペン(ゼブラ、TegakiLink)をためしてみるかなあ。

|

« 入試 | Main | オープンキャンパス »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TegakiLink:

« 入試 | Main | オープンキャンパス »