« 集中講義 | Main | 東京さぬき倶楽部 »

2004.08.13

R

このところR(統計解析パッケージ http://www.r-project.org/)関係の動きが活発だ。日本語のマニュアル本がいろいろ出そろってくると、次には各分野での適用例や入門偏が期待されるところだ。Rは(著作権は放棄されていないが)オープンソースでフリーウエアなので特に教育・研究方面での活動が促進されることと思われる。
最初にでたものとしては、
中澤港著 Rによる統計解析の基礎 ピアソン・エデュケーション2003 (1800円)、
新しく、
The R Book:データ解析環境Rの活用事例集、九天社 2004 (3800円)

というのが出ていた。こちらは各界有志?によるものらしく、いろいろな分野での事例集になっていて、付属のCD-ROMにWindows, MacOS X, Linux用のパッケージが付録でついていて、すぐに使い始められるようになっている。
英語版もいろいろ出ていて、分厚いマニュアル(2冊で、15センチほどにもなりそうな厚さ)のほか、
Maindonald, J, & Braun, J. Data Analysis and Graphics Using R: An Example-based Approach, Cambridge University Press 2003
が量的にはよさそうだ。

すぐれたフリーウエアが共通プラットフォームになることを期待。

|

« 集中講義 | Main | 東京さぬき倶楽部 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference R:

« 集中講義 | Main | 東京さぬき倶楽部 »