« 採点 | Main | R »

2004.08.13

集中講義

 集中講義で来学中のM先生にお願いして講義の一部を録画させてもらった。先生のご担当分野を紹介する短いビデオクリップを作りたいと思ったからである。話はいろいろ脱線して学史のエピソードになりそうなお話などもなさったため、時間大幅延長ということになった。M先生とは師匠筋(I先生)でいうと大学は違うが「兄弟弟子」関係にあたる。定年を間近に控えておらるが、知的な興味は衰えられず、バイタリティあふれるできの良い兄を見る弟の心境である。 
 講義の中ではご自身の研究スタイルについてもお話になり、基礎的・理論的で理学的な分野と応用的・学際的な人文学を交互に進めることができたことが研究の関心や意欲を維持する上で良かったと述べられていた。このことはI先生からも同じようなお話を伺ったことがあるのでI先生の影響だろうか。そして、まずハードな方をはじめにやっておくことが大事かなあ、ソフトな方はそれが基礎となっていくらでもやれる、ということを言われた。
集中講義はたいていその分野では知られた方に依頼するのと、通常の講義とは別の時間の流れがあるので貴重なものなのだが、日程が夏休み中で受講者がす少なくもったいないことだ。なんとかもう少し受講しやすい時期や方法を考えることができないものかと思う。
PRF_E_M.jpg
M先生


 

|

« 採点 | Main | R »

大学往来」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集中講義:

« 採点 | Main | R »