« 景気 | Main | 選挙に思う »

2004.07.10

フォント

 PCをつかうようになって気になっていたのは、メニューの表示等につかわれるシステムフォントがきたなくて、読みにくいということだった。なんでこんなものがいつまでも修正されないのだろうか、と常々感じていたのだが、日経クリックの今月号(8月号)にWindowsの見かけをMacっぽして「もっとオシャレに使いやすく:えっ!WindowsがMacになる?」という特集記事があった。
 ウインドウズの「テーマ」を変更するソフト、Doc風のランチャー・ソフト、アイコンとフォントの変更ソフトが紹介されていた。これらはそれぞれ独立なので、今回はためしにWindowsBlindsで「テーマ」をOS X Panther風にして、システムフォントをunicode版のOsakaフォントに変更してみたところ、メニューなど文字表示が非常にきれいで読みやすいものになった。また、IEもフォントの変更をしたが、とても読みやすく表示されるようになった。いまのところ不具合はでていない。記事ではランチャーもDock風にしてアイコン類もMac風にした例が紹介されていたが、表面的にはほとんど区別しがたいものに仕上がるようだ。ルック&フィールのうちルックについてはたしかにほとんど区別できないが、フィールの方はやはり異なるが、フォントの変更のみでもかなり改善されると感じた。

|

« 景気 | Main | 選挙に思う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フォント:

« 景気 | Main | 選挙に思う »