« April 2004 | Main | June 2004 »

May 2004

2004.05.19

アゴ

heshiko.jpg
郷里から好物が届いた。「あごちくわ」、「とうふちくわ」、「いわしのへしこ」だ。「あご」というのは九州から山陰方面で「とびうお」のことで、ちょうどこの時期は毎日のように食べていたものだ。あごちくわはトビウオのちくわで、その独特の風味は山陰の初夏の味である。とうふちくわ、というのはこれもたぶん山陰に独特の木綿豆腐を練り込んだちくわである。日常食ではあるが、とても繊細な味がする。あごちくわの野趣にみちた味と、とうふちくわの繊細な味わいの組み合わせはちくわ界のホームラン王です(ってだいぶ古いな)。
 昔とちがってきれいにパッケージされて販売されている。ラベルをみたら、「ちむらちくわ店」というなつかしい名前だ。たぶん、小学校のとき同級だったちむら君がこの商売をついでおられるのだろう。パンフレットを見ると、大きな店舗になって発展しているようすだ。おくられてきたパッケージには昔ながらのあごちくわととうふちくわに加えて新しい創作的なものもあって、古い良いものを守りながら、新しい物産を作り出していこうという意気ごみが伝わってくるようでうれしい。
 故郷の食べ物というのは、やがて故郷を離れてから再発見されるもののようだ。「あごちくわ」や「とうふちくわ」を私の恩師のお一人にあるときおみやげに差し上げたことがある。こちらではとてもめずらしい新鮮な味だった様子で、大変によろこばれ、またぜひに、と催促されたほどだった。食べ慣れたものは好物であっても、あまりにも日常的であり、質素なものであるために、その価値に気づくこともなく、ごちそうであることを忘れてしまう。
 「へしこ」というのはイワシやサバなどのぬか漬けのことで、広く山陰から石川あたりまで分布しているらしい。これも質素な日常食ではあるが、実に味わい深いものなのだと思うようになった。特に、これは私のオリジナルなのだが(たまたま石川にあるイタリア人シェフがやっているイタリア料理のレストランにも同じメニューがあることを後で知った)いわしのへしこのパスタはアンチョビーのパスタに劣らない力強い味に仕上がる。(どこか郷里のレストランでメニューに採用してください。名物になるものと確信している自信作なのです。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.12

著作権(2)

昨日はwinnyというファイル交換ソフトの開発者(T大・助手)が逮捕されたというニュースに驚いた。ネットやデジタル化技術の進歩?とともに旧来の著作権の考えかたでは対応できなくなっていることはたしかなことだ。ネットでは幇助の拡大解釈としていろいろおもしろい例が挙がっている。著作権にたいして挑戦的な言辞をはいたとして報道されている。しかし、そのことで逮捕するのはむちゃくちゃな話だと思う。また、著作権の保護団体も利用者の立場にもたって今日的な保護技術や適正な利用技術を提案してほしいものだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.07

心理学史

 寺沢龍「福来友吉と千里眼事件」草思社2004を読む。心理学史の中では特異な事件として記憶されている「千里眼事件」と福来氏についてのノンフィクションである。今日でも超能力を話題にして、肯定派と否定派が論争するようなテレビ番組がある。現代では肯定派の論者はちょっと弱すぎて、大槻教授にあえなく論破されているが、この本の中では物理学の当時のそうそうたる学者も結論を出せなかったようである。
 「史実」としてはなんらかのトリックがあって、それを見破ることができなかった責任をとって福来氏は大学(当時の東京帝国大学・助教授)を辞職した、というように認識していたのだが、事情はいろいろ複雑だったようだ。寺沢氏は心理学を体系的に学ばれた方ではないようであるが、福来氏のとった実験手続きや心理学実験の特質については的確な表現をされている。この本を読むかぎりでは福来氏は科学的な態度で「千里眼」の実験をすすめておられる。寺沢氏も結局は結論をくだしてはおられないのであるが、福来氏がなにか不正を働いたのではない、との心証のもとにこの本を書かれている。もし、この推測が正しいとすると、作証を働いたのは誰なのか?事の真相はなんだったのだろう。こんな大事件が日本の心理学の歴史のはじまりにあったのだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.04

夫婦庵

 ガイドブックによると、つくば市周辺には良い蕎麦やが多いようなのでふたたびつくば市へ小ドライブ。カーナビのおかげで、わかりにくい地図にたよることなく店にたどり着くのが容易になった。それでも、小さい道にはいるときなど、道をまちがえてしまうような場所もあるが、とにかく「再探索します」と言っては、連れて行ってくれる。少々融通の利かないところもあるがとても便利なものだ。
 今日は「夫婦庵」という店に。後でガイドブックを読んで気が付いたのだが、柏の「竹やぶ」で修行(なんで蕎麦だと修行とか言うのだろうか)したご主人が独立されたということだ。もちもち感があってしかもすっきりとした好ましいもので、とても気に入った。ただ、「竹やぶ」と同様に量が少なく、二人前でもまだ少なめかもしれない。うわさに聞いていた「親子丼」がうまいらしい、ということでミニ親子丼も頼んでみた。これもとてもうまかったので、高評価。ただし、昼どきだったせいかしょうしょう待たされたのと、分煙がきちんとされていないところが残念な点だった。幸い、小あがりの部屋の方はたばこを吸う人がいなかったので助かったのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.03

著作権

 心理学や人間科学に関連した職業領域をピックアップしたパワーポイントファイルをアップロードするつもりであったが、どうも著作権の問題が生じそうなので、内容を変更してからになりそうだ。
ネットで検索してみたところ、教室内で授業担当者が必要な資料(新聞記事・雑誌記事・書籍内容等)をコピーして受講者人数分を配布することは教育上の公益性という観点から(一定条件のもとで)「特例」として著作権者に承諾を得る必要はないようだ。しかし、これをサーバーに保存して一般のアクセスが可能になると「公衆送信権」に牴触することになる。この場合には著作権者に承諾を得る必要がある。
 今回のパワーポイントファイルには新聞記事の切り抜きをスキャンした資料(コラム全体と掲載写真)と雑誌記事の一部(写真およびグラフの図版)が含まれている。授業中につかう限りでは引用先を明記しておけば未承諾でよいようだ。
 しかし、これらの記事は登場人物の写真とともに、該当の仕事内容を要領よくまとめてあるものなので、これを提示できないとなると、教材としての魅力はだいぶうすれることになってしまう。(簡便な手続きと適切な料金で)特定記事にリンクできるようになっていればこのような問題は解消されるのだが。
 このような資料は私の授業で補助的な教材として準備しているものだが、受講者以外にも多少は有益なところもあるかもしれない。連休が明けたら新聞社や雑誌社に問い合わせてみるつもりだが、個人個人の問い合わせに迅速に対応してくれるものなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.01

進路説明会

 午後からつくば市のM高校で開かれた新2年生を対象にした進路説明会に出席。最近は高校・PTA・受験産業が共同してこのような会を催す例が増えている。大学の広報というよりは、心理学や人間科学の一般的な内容と進路についての話を求められた。ほかの分野についても大学や企業なども含めて10講座程度準備されていた。
 M高校の雰囲気はきちんとした印象で、休憩時間は若い人の華やいだおしゃべりでにぎやかだが、授業時間帯は大変に静かで、めりはりのある好ましいものだった。
 プロジェクターを使える教室ということで「物理室」が会場。用意したパワーポイントファイルで「社会の中の心理学」と「心理学・人間科学」関連の仕事のカタログ」で50分の「授業」を2回行った。「仕事のカタログ」では心理学・人間科学に関係する分野は広いことを話しているのだが、どの程度有効だったかはわからない。かえって「確証バイアス」を強化する材料を提供してしまったのかもしれない。授業のはじめと終わりにはきちんと挨拶があるところが大学とはおおいにちがうところだなあ。最後は拍手さえしてもらった。
 「仕事のカタログ」は大部分新聞と雑誌記事を集めたものだが、「適切な引用の範囲」だと考えられるのでちかいうちにアップロードするつもりです。
 このような出張では地元の店を訪ねるのが楽しみのひとつだが、今日はガイドブックでみた那由他(なゆた)という蕎麦やに行った。変わった店の名前は古いインドの数の単位に由来しているそうだ。10の72乗をあらわす単位ということだ。この上の単位は「不可思議」という単位なのだそうだ。なんとなく、つくばの雰囲気にあっているおもしろいネーミングだと思う。食材はいろいろ配慮されているようだった。以前に柏にあった「くろひめ」の蕎麦の打ち方に似た細めでしっかり冷たい水でしめられた麺はうまかった。(好みとしては、もうすこし優しい打ち方でも良いのでは、と思う。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »