« 最終講義 | Main | ATOK17 »

2004.02.13

再会(Hさん)

(2/12)午前中、会議のあと、羽田まで出向き、20年ぶりにHさんに再会。Hさんは学生時代に世田谷で同じ下宿で知り合いになった。Hさんは私の兄と同じ大学ということで共通の話題ができたのである。あらためて話しをして時系列で勘違いをしていることがあった。Hさんは大学を卒業後、いったん就職されたが、その後北海道の獣医学部に進学されて、郷里に戻り牧畜関係の試験場に勤務され、現在は牧畜関係の公社の責任者をされている。
 本当に久しぶりだったが、若々しく、アルコールも相当いける方であるが、スマートな体型を保たれていた。ファッションはやはりトラッド風味で懐かしかった。
 (今度短期大学からKU大学へ赴任されることになったI先生、うまい焼酎が待っているそうです。ちなみにいま九州では全国的な焼酎ブームもあって、サツマイモが不足しているのだそうです。)
 大学関係の話題もでて、獣医学部は現在は非常に人気があるのだが、大半はペット関係の獣医師希望で、動物と人間のふれあいによる「癒し」関係の資格も制定されたということでこの方面の人気が高く、肝心の家畜関係の仕事に進む人が少なくなってしまい、県など公務員関係も人捜しで大変ということだった。なんともうらやましい話なのだが、いろいろな背景があるようだ。(私立の場合)学費が非常に高くて、これを「回収」するには待遇の恵まれた企業や人気の高いペット病院を目指さざるを得ないことが一つの背景になっているようだ。
 羽田空港のライオンでしばし旧交を温める。セキュリティチェックもやや厳しいということで時間前に搭乗ゲートまで見送り、握手をして別れた。さすがに立派な手だったのが印象に残った。

|

« 最終講義 | Main | ATOK17 »

生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再会(Hさん):

« 最終講義 | Main | ATOK17 »