« 聴覚 | Main | 聴覚2 »

2003.12.12

Rによる統計解析の基礎

中澤港(著)Rによる統計解析の基礎 ピアソン・エデュケーション(2003)1800円
 本書はフリーの統計ソフトウエア「R」の解説をかねた統計学の入門書である。Rの機能は非常に高く入門はもちろん研究用途にも十分な性能を備えていると評価されている。大学の統計ではSPSSを利用しているが、結果的に特定のパッケージの使い方を教えることになってしまう。これは電算実習で特定のOSやソフトウエアの使い方を結果的に教えてしまうのと類似の問題である。
 もちろん学生向けの価格設定もされるようになり、比較的安価に利用できるようにはなってきているが、授業は特定のソフトの宣伝をするためのものではない。そこで教育機関ではオープンなソフトウエアの利用に目を向けることが大切になるのである。Rのうわさや評判は著者の中澤氏のホームページなどを通じて知ってはいたのだが、実際に使ってみるところまでには至っていなかった。これは著自身も述べておられるように入門用に適切なマニュアルが無かったことが一つと、もうひとつはインターフェースがGUI型でなくコマンド型である点がやや敷居を高くしていた。
 しかし、このような解説書があらわれると、導入の壁が一つ取り除かれたことになる。ちなみに本書はすでに著者のウェッブサイトで公表され、ダウンロードもできるようになっている。この点も新しい出版の形式である。
 ただ、学部の入門コースで使用する決心がつくかどうかはいまのところ結論をだせないでいるが、大学院生や自覚的に統計学を勉強していこうというばあい、大きな資源を無料で入手できる魅力はきわめて大きい。

|

« 聴覚 | Main | 聴覚2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rによる統計解析の基礎:

« 聴覚 | Main | 聴覚2 »