« 無料 | Main | 聴覚 »

2003.12.10

研究法

午後から学部の研究法。今日から「対応のある二群の平均値の差の検定」の単元へ。式とかモデルが単純なので、こっちを先にやるべきかと考えているがなぜか独立な二群の方を先にやるのはどうしてだろうか。例によって「完全理解(当社比)プリント」を配布してOHPに同じものを提示して書き込みしながら説明する。この方式は説明しやすい(こちらも当社比)。直感的な理解の仕方なので、あとは練習問題をできれるだけ多くこなすことができればよいのだが。授業ものこり回数が少なくなってきた。来週は電算教室でSPSS実習で平均値の差の検定については終了にしたい。

最後の10分は授業評価アンケートを実施した。事務方と教務からの「指示」でアンケート用紙は教員と学生一名で一緒に窓口に提出することになったのだという。信用もなにもあったものではないが、緊張感が信頼を生むか、荒野を生むのか、まだわからない。

|

« 無料 | Main | 聴覚 »

研究法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 研究法:

« 無料 | Main | 聴覚 »